ダスグプタ レビュー:英財務省報告書発表 知っておくと良い10+1の事柄

ダスグプタ レビュー Dasgupta Review
ダスグプタ レビュー Dasgupta Review

人類は今やかつてないほど繁栄していますが、同時に、生物多様性は人類の歴史の中でかつてないほど急速に減少しています。その結果は、人間の健康と生計だけでなく、経済にとっても深刻で広範囲にわたるものです。それが火曜日にロンドン発表されたダスグプタ報告書生物多様性の経済学:ダスグプタ レビュー)が述べていることです。

この報告書は、ケンブリッジ大学経済学名誉教授であるパーサ・ダスグプタのライフワークをまとめた600ページを超えるクラスターです。

1.人と経済は、重要なサービスを提供するために自然に依存しています…

自然は人間に食物、きれいな空気と水、原材料、エネルギー、そして仕事のストレスから立ち直る場所を与えます。しかし、これらは人々にとって必要かつ価値があるとしても、通常は経済的価値で定義されていません。

2.そしてサービスを享受するには生物多様性が必要

多様性は、生物の異なる種の間の複雑なバランスを維持します-そしてパズルのすべての部分は、生態系で果たすべき独自の重要な役割を持っています。

これにより、自然が繁栄し、自然が提供するサービスが可能になります。生物多様性の損失は、自然がもたらす利益の減少を意味します。

生物多様性のバランスを崩すことは、予測できない結果をもたらす可能性があります。世界保健機関(WHO)によると、動物由来の病気の蔓延を強めることになります。たとえば、世界で知られている感染症の60%は動物に由来します。

3.経済は自然なしでは回りません

経済学の現在のモデルは、社会が自然とは別に運営されているという仮定に基づいています。自然は、私たちが天然資源を使用し、それらから異なる成果を生み出す場合にのみ経済に含まれます。たとえば、経済の主要な指標である国内総生産(GDP)は、自然資本の消費を考慮していません。

ただし、世界経済フォーラム(WEF)によると、世界のGDPの半分以上が自然とそのサービスに大きくまたは中程度に依存しています。たとえば、受粉サービス(蝶やマルハナバチなど)の減少は世界の農業で年間最大5,770億ドルの損失を引き起こす可能性があります。

したがって、生物多様性は自然サービスを可能にし、それが今度は経済の回転を可能にします。したがって、経済は自然から孤立して運営されません。

4.ここ数十年で自然資本は大幅に失われました

報告書によると、生物多様性はここ数十年で人類の歴史の中でかつてないほど急速に衰退しています。今日、種は過去数百万年よりも平均して100〜1000倍速く絶滅しています。

生態系サービスも減少しており、多くの重要な生態系が憂慮すべき状態に近づいています。土地利用の変化、天然資源の過剰利用、気候変動、外来種、大気、水、土壌の汚染は、生物多様性に影響を与える最も重要な要因です。

5.私たちの経済システムは2つの方法で自然資本に負担をかけています

ダスグプタ報告書によると、私たちの自然への負担は大きく2つに分けることができます。

第一に、私たちは、魚の群れ、農地、きれいな飲料水など、自然が提供するサービスを持続不可能に消費します。一方、私たちの廃棄物が川、河口、海に負荷をかけるとき、私たちは自然を埋め立て地として使用します。

現在の世界経済システムと幸福を維持するには、約1.6個分の地球が必要です。

6.自然資本の更新は、他の資本の収益よりも大きい

同時に、自然資本は生産性が高く、一方で限られています。しかし、生物圏、つまり地球の表層は、年間約19%更新されます。つまり、生物圏自体の収益率は、たとえば、株式や不動産の長期的な収益率(平均で約5)よりも高くなります。 % 1年当たり)。これは良いことです!

7.究極的には、それは自然の供給と人類の需要との間のバランスの問題です。

ダスグプタ報告書の中心は、経済的観点からの需要と供給のバランスです。

自然生態系サービスの供給と生物圏の再生は、人類によって引き起こされる需要よりも小さいです。したがって、私たちの自然資本の量は絶えず減少しています。人口増加は状況を悪化させています。

8.自然資本管理は、他の資産の管理と同様に扱われるべきです

ダスグプタ報告書は、資本管理の観点から自然損失を分析します。従来の物的資本(工場やインフラなど)や人的資本(ノウハウなど)の話がある場合、ダスグプタ報告書は自然資本を1つのタイプの資本としてまとめています。私たちの経済の一部として、自然の土地は再生する時間よりも早く破壊されているので、私たちはそれを持続的に管理していません。

自然は私たちの経済の機能を可能にするので、これは現在および将来の世代の幸福に影響を与えます。ダスグプタ報告書は、長期的な経済成長は地球の生態学的環境収容力に限定されていると考えています。経済は自然から孤立して運営されていません。

9.報告書は、大規模なシステムレベルの変更を推奨しています

ダスグプタ報告書は、解決策には個々の税金や規制以上のものが必要であると考えています。

私たちは、経済の成功の指標を改革し、自然資本の消費をよりよく考慮する必要があります。報告書は、自然資本の消費を考慮した対策としてのGDPの拡大だけでなく、天然資源の過剰消費を削減するための政策の適用と開発も奨励しています。

循環経済の推進は、これに取り組むための実践的な例です。天然資源の使用をより効率的にすると同時に、自然への負担である廃棄物の発生を減らす必要があります。

10.国際金融システムはソリューションの一部でなければなりません

報告書は、環境に有害な補助金は年間4,000億ドルから6,000億ドルに上ると推定しています。一方、保全対策と投資は年間780〜1,430億ドルにのぼり、環境へのキャッシュフローよりも少ないです。

国際金融市場は世界経済を支えており、その投資と資金調達の決定も生物多様性に大きな影響を及ぼします。同様に、多様性の喪失に関連する経済的リスクは、特に金融セクターの観点から重要です。金融関係者は、自然災害によってもたらされるシステミックリスクをより詳細かつ体系的に評価できる必要があります。

ダスグプタ レビュー Dasgupta Review
ダスグプタ レビュー Dasgupta Review

参考文献

Wikipedia

パーサ・ダスグプタ卿の記事がなかったのでつくっておきました。

パーサ・ダスグプタ 日本語Wikipedia パーサ・ダスグプタ(Sir Partha Sarathi Dasgupta, FRS , FBA ,1942年11月17日-)は、現在は英国ケンブリッジ大学の経済学部長としてフランク・ラムゼイ記念名誉教授職に就く、インドとイギリスの経済学者である
パーサ・ダスグプタ 日本語Wikipedia