カミーユ・クローデル《ペルセウスとゴルゴーン》1898-1905年

カミーユ・クローデル《ペルセウスとゴルゴーン》

《ペルセウスとゴルゴーン》1898-1905年

カミーユ・クローデル《ペルセウスとゴルゴーン》

ロ̶ダ̶ン̶作̶ 訂正 作者カミーユ・クローデル(1864~1943年)
古代ギリシャ神話のベルセウスとメデューサだと思う。

《ペルセウスとゴルゴーン》1898-1905年、ブロンズ、茶と緑のパティナ、51 x 30 x 22 cm

ペルセウス

ペルセウスはゼウスの血を引く半神であり、神々から授かった魔術的な武具を駆使してメドゥーサ殺しを成し遂げ、その後も多くの困難を乗り越えた。ミュケーナイ王家の創始者となり、死後は星座になったとも言われる。

斬首された怪物メドゥーサの頭部

斬首された怪物の頭部には作者カミーユの顔が投影されているともいわれている。

 

カミーユ・クローデル( Camille Claudel、1864年12月8日 – 1943年10月19日)は、フランスの彫刻家。外交官ので駐日フランス大使を務めたポール・クローデルは弟

斬首された怪物の頭部には作者カミーユの顔が投影されているともいわれている。

o0311044515157091385
o0500050015157091386

(Camille Claudel、1864年12月8日 – 1943年10月19日)は、フランスの彫刻家。

外交官のポール・クローデルは弟。

関連記事