おぢいさんのランプ 1942年新美南吉作

新美南吉 『おぢいさんのランプ』 ウォールペイント 安城駅すぐそば
安城 新美南吉と女学生らの像の桜も満開に
安城 新美南吉と女学生らの像

おぢいさんのランプ 新美南吉  (1942年)

おぢいさんのランプ』は「ごんぎつね」で著名な童話作家・新美南吉の作品

「文明開化」という掛け声が聞こえて来たころ、まだ已之助の村の夜には灯りがなかった。初めて訪れた町で已之助はランプを見つける。持ち帰ったランプは夜の闇を明るく照らした。始めは新しいものに抵抗のあった村人たちも、やがて受けいれるようになり、巳之助はランプの商いで身を立てることに成功した。しかし町では電柱が立てられ、電灯という新しく明るい灯りがランプに代わり始めていた……

『 おぢいさんのランプ 』あらすじ

 東一少年が友達とかくれんぼをしているときに、蔵の中でランプを見つける。その形を面白がった彼は蔵からランプを持ち出し、友達と見入っていたところ、おじいさんから「子供は何でも持ち出しおる!電信柱でも何でも、遊ぶものはいくらでもあるだろう!」と叱られてしまう。やがて日が暮れた。東一が家の中で、昼間見つけたランプをこっそりといじっていたところ、おじいさんがやってきて自身の一代記を語りはじめる。

 五十年ほど前、時は明治の終わり頃。岩滑新田(やなべしんでん。現・半田市)の村に巳之助という少年がいた。彼は両親も親戚もいない、全くの孤児だった。そんな彼は子守でも米搗きでも何でも村の雑用をこなし、何とか村に置いてもらっていた。ある日、人力車牽きの手伝いを頼まれて、生まれて以来、離れたことがない村を出て大野(現・常滑市)の町に行った巳之助は、そこで初めてランプという物を知る。その明るさに感動した彼は、自分の村も明るくしたいと考え、何とかランプを手に入れて自分の村に持ち込む。そこから徐々に手を広げ、ランプ売りとして生計を立てるようになった。 

 ある日、売り文句で「畳の上に新聞をおいて読める」と言いながら、自分が文盲であることを恥じた彼は、区長さんの納屋を借りて住んでいた縁から区長さんに字を教えてもらい、書物を読むことを覚える。

 ランプ屋として成功した彼は家を建て、妻を娶る。やがて子どもも生まれ、幸せの絶頂だった。ところが、ある日、大野の町に行った巳之助は電気を知り、ランプを上回る電灯の存在に驚き恐れを抱く。いつしか村にも電気を引くという話が持ち上がる。電灯が灯されれば、用なしのランプが駆逐されてしまうだろう。ランプに生活をかける巳之助は電気の導入に頑強に反対したが、結局のところ村への電気導入が決まってしまう。彼は逆恨みして、電気導入の寄り合いで議長を務めた区長さんの家に火を放とうとする。しかし、放火しようにも、手元にマッチがなかった。代わりに持ってきた火打石ではなかなか火が起こせず、苛立った彼は、「古くさい物は、いざというとき役に立たねえ」と悪態をつく。 

 その瞬間、彼は自身の誤りを悟る。今やランプも古臭いものだ。これに執着して、逆恨みで火を放つなど人の道に反することだ。彼は家に引き返すと、家にあるすべての売り物のランプに灯油を注ぎ、商売用の車に下げて持ち出す。そして五十個ほどあった全てのランプを池の縁の木にぶら下げて火を灯すと、泣きながら石を投げつけ、その何個かを割り、ランプに別れを告げるのだった。そして彼はランプ屋を廃業し、町に出て本屋をはじめた。東一が蔵で見つけたのは唯一残った置きランプだった。

 東一の祖父である巳之助は、東一にこう諭して結ぶ。「わしの商売のやめ方は、自分でいうのもなんだが、なかなか立派だったと思うよ。わしのやり方は少し馬鹿だったが」「・・・それでも世の中が進歩して自分の商売が役に立たなくなったらすっぱりそいつを捨てて、昔にすがりついたり時代を恨んだりしてはいけないんだ」           (おしまい)

新美南吉 『おぢいさんのランプ』 ウォールペイント 安城駅すぐそば
南吉ウォールペイント 新美南吉 『おぢいさんのランプ』 安城駅 南口でてすぐそば
モーニング ろくえん市民会館店 2021年2月16日
モーニング ろくえん市民会館店 2021年2月16日
JR安城駅 の  ペデストリアンデッキ の 天球儀
JR安城駅 の ペデストリアンデッキ の 天球儀

外部リンク

ウルフムーン 29日明け方に晴れ渡り 今年初めての満月

ウルフムーン

1月29日明け方には空も晴れ渡り、2021年今年の初めての満月 ウルフムーン が見えました。

2021年今年の初めての満月 ウルフムーン

ウルフムーンとは?

アメリカの先住民が名付けた満月の呼び名です。毎月様々なネーミングが付けられているのですが、1月は「ウルフムーン」と呼ばれます。これは、真冬の食糧不足を嘆く、飢えた狼の遠吠えにちなんで名付けられたものなんだそう。冬に響き渡る、狼の悲壮な鳴き声を想像すると、1月の満月が物悲しくも儚げに目に映るような気がします。

ウルフムーン関連外部リンク

第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証

第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証

第2次安城市環境基本計画(案)パブリックコメント

第2次安城市環境基本計画(案)が策定され、そのパブリックコメントが2020年1月15日まで募集中とのこと。

第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証
第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証

みんなで読もう計画書大検証:安城市環境基本計画(案)

安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証
安城市役所の環境都市推進課の課長補佐の沓名さん

わくわくサロン:みんなで読もう計画書大検証:安城市環境基本計画(案)と題する1月7日地元(わくわくセンター)での勉強会に参加してきました。自分は2050年までのカーボンニュートラル実現のためにも物申そうと考えてのことです。安城市役所の環境都市推進課の課長補佐沓名さんから安城市環境基本計画(案)の説明をききました。

カーボンニュートラルとパートナシップ

今年2021年は2050年までカーボンニュートラルを決める上での日本の将来を決める勝負の年。

安城市環境基本計画によって、誰ひとり取り残さず幅広いパートナーシップと連帯で、地球温暖化に対処できる持続可能で強靭な社会を作ってもらいです。

男と女らがテーブルを囲んで勉強会をしています。
安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証
A plate with food, a glass of orange juice, and a blue glass of water
食事ののった皿とオレンジジュースのグラス、そして水の入った青色のグラス
Cobaco ne Cobacoのグラタンランチ

関連リンク

2020冬のブルーサンタ♡ABKいちじく大作戦

ABK♡冬のブルーサンタいちじく大作戦

冬のブルーサンタ

冬のブルーサンタ ABK♡いちじく大作戦 によるクリーン活動を12月19日に実施しました。

ブルーサンタによる活動は ABKにおいて3度目

ABKのブルーサンタへの参加は三回目。今年で6月に続き2回目。6月にコロナで開催ができなかった地域もあったとのことで、冬の開催となりました。青いサンタ衣装も30着に増えました。毎回ごとにBLUE SHIPより10着を新らたに支給されています。

冬のブルーサンタ ABK♡いちじく大作戦 三河安城駅舎の前で記念撮影
冬のブルーサンタ ABK♡いちじく大作戦 三河安城駅舎の前で記念撮影

冬のブルーサンタ に子供含む市民・議員ら40名の参加

参加人数小学生の子供を含む40人、大西 健介代議士、小池 友妃子碧南市議、石川孝文前安城市議もブルーサンタにご参加されてました。

冬のブルーサンタ によるクリーン活動

三河安城駅からアンフォーレまで道路とその周辺のクリーンアップ活動を行いました

冬のブルーサンタ ♡ ABKいちじく大作戦
冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦

ゴールはアンフォーレ!ブルーサンタら到着!

冬のブルーサンタ ♡ ABKいちじく大作戦
冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦 アンフォーレの前で集めたごみの袋とともにブルーサンタの衣装を着て
冬のブルーサンタ ♡ ABKいちじく大作戦
冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦 アンフォーレのクリスマスツリーの前でブルーサンタの衣装を着て

参考リンク

冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦

ブルーサンタによるゴミ拾いが全国で一斉に

関連リンク

紅葉茶会:丈山苑へ野点を楽しむ 11月15日

紅葉茶会:丈山苑(安城)へ 野点を楽しむ

紅葉茶会 丈山苑

安城市にある丈山苑で11月15日に行われた”紅葉茶会”に参加してきました。

お天気も良く、ちょうど見頃の紅葉の中で、野点のお茶とお菓子とを良い雰囲気で楽しめました。

紅葉

紅葉茶会:野点を楽しむ

男女が野点のお茶とお菓子を楽しんでいます
紅葉茶会 丈山苑 野点を楽しむ
野点のお茶とお菓子
お茶とお菓子
野点のお茶とお菓子
紅葉茶会 丈山苑 野点を楽しむ
野点のお茶とお菓子
丈山苑
野点のお茶とお菓子
丈山苑

丈山苑は徳川家康の近習を退き学問にうちこんだ石川丈山が京都一乗寺に建てた詩仙堂をイメージ。

関連リンク