ヘレン・ダーラム ICRC国際法・政策局長

ヘレン・ダーラム(Helen Anne Durham) 氏の国際人道法(International Humanitarian Law)についての講演会でした。

ヘレンダーラム赤十字国際委員会 国際法・政策局長 Director of International Law and Policy at the International Committee of the Red Cross (ICRC)
ヘレンダーラムICRC 赤十字国際委員会 国際法・政策局長 Director of International Law and Policy at the International Committee of the Red Cross (ICRC)

国際人道法について知る機会良い機会となりました。

以下にまとめておきます。

国際人道法(IHL)とは?

戦争や内乱(武力紛争)、大規模かつ重大な人権侵害などの極限的な状況に適用される国際法。ダーラム 氏の解釈はより広義で、武力紛争下の苦痛をやわららげるものが国際人道法(IHL)。 ■戦争法規 ・ハーグ条約 ・ジュネーブ4条約 ・ジュネーブ追加議定書 ■戦闘方法の規制 ■保護される人々 ・傷病兵、捕虜 ・文民、女性、子供 ・報道関係者 ・人道任務従事者 ■武力紛争にかかわらず成立する国際犯罪 ・ジェノサイド(大量虐殺) ・人道に対する犯罪 殺人、絶滅、奴隷化、追放・強制移住、剥奪、拷問、性暴力、迫害、強制失踪、アパルトヘイトなど

写りこんでいた。 赤十字国際委員会ツイッター 榊原平

国連SDGs の取組み 自治体でも始まる


国谷裕子 キャスター(NHKクローズアップ現代で有名)は、遠くから見ていても、とてもお綺麗で、知的なオーラ放ってました。


国連の SDGs は2030年までにやり遂げなければならない人類に与えられた17の課題です。パズルの全部のピースを当てはめていくように17の目標と169のターゲットを達成していく必要があります。

国連SDGsの取組み、自治体でも始まる 基調講演トーマス・ガス国連事務次長


そのためには世界の全ての人が誰一人取り残されるこなく目標に取組む必要があります。今日は国連事務次長であるトーマス・ガス氏も来日されて基調講演をされました。SDGsを知って気づき実際に行動することが、社会と世界を変えて人類を救うことなります。
滋賀県は日本中の自治体に先駆けて SDGs に取組むことをになりました。
他の自治体でも SDGs の取組が加速度的・爆発的に広がっていくことを期待したいです!

相星 孝一外務省大臣官房地球規模課題審議官
相星 孝一外務省大臣官房地球規模課題審議官