2020冬のブルーサンタ♡ABKいちじく大作戦

ABK♡冬のブルーサンタいちじく大作戦

冬のブルーサンタ

冬のブルーサンタ ABK♡いちじく大作戦 によるクリーン活動を12月19日に実施しました。

ブルーサンタによる活動は ABKにおいて3度目

ABKのブルーサンタへの参加は三回目。今年で6月に続き2回目。6月にコロナで開催ができなかった地域もあったとのことで、冬の開催となりました。青いサンタ衣装も30着に増えました。毎回ごとにBLUE SHIPより10着を新らたに支給されています。

冬のブルーサンタ ABK♡いちじく大作戦 三河安城駅舎の前で記念撮影
冬のブルーサンタ ABK♡いちじく大作戦 三河安城駅舎の前で記念撮影

冬のブルーサンタ に子供含む市民・議員ら40名の参加

参加人数小学生の子供を含む40人、大西 健介代議士、小池 友妃子碧南市議、石川孝文前安城市議もブルーサンタにご参加されてました。

冬のブルーサンタ によるクリーン活動

三河安城駅からアンフォーレまで道路とその周辺のクリーンアップ活動を行いました

冬のブルーサンタ ♡ ABKいちじく大作戦
冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦

ゴールはアンフォーレ!ブルーサンタら到着!

冬のブルーサンタ ♡ ABKいちじく大作戦
冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦 アンフォーレの前で集めたごみの袋とともにブルーサンタの衣装を着て
冬のブルーサンタ ♡ ABKいちじく大作戦
冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦 アンフォーレのクリスマスツリーの前でブルーサンタの衣装を着て

参考リンク

冬のブルーサンタ♡ ABKいちじく大作戦

ブルーサンタによるゴミ拾いが全国で一斉に

関連リンク

ワールドクリーンアップデー 2020♡ABK いちじく

環境戦隊サルビアンと神谷学安城市長 2020年9月19日

「地球をキレイにする日 World Cleanup Day」 ワールドクリーンアップデー 2020♡ABK 「ごみ拾いは地球を救う」

大勢の人が駅の前に並んでいます World Cleanup Day 2020  ABK「ごみ拾いは地球を救う」
World Cleanup Day 2020  ABK♡朝美活「ごみ拾いは地球を救う」

World Cleanup Day 地球をキレイにする日 は世界180ヶ国で2千万人が参加する世界最大の市民活動であり、日本でも全国160箇所で行われます。ABK♡朝美活が2020年9月19日のWorld Cleanup Dayに安城で行う地球をキレイにする1日 ワールドクリーンアップデー 2020に参加しよう♡ABKには安城からも 神谷がく安城市長 及び20名の市役所職員はじめ市民60名が参加し、市民と行政が一緒になってクリーン活動を行うとともに、「循環型社会」「自然との共生」に向けて取組みを訴えました。

World Cleanup Day 2020  ABK「ごみ拾いは地球を救う」ワールドクリーンアップデー 2020♡ABK
World Cleanup Day 2020 神谷学 安城市長 とトヨミン そして環境戦隊サルビアン
World Cleanup Day 2020  ABK「ごみ拾いは地球を救う」 ワールドクリーンアップデー 2020♡ABK
World Cleanup Day 2020
World Cleanup Day 2020  ABK「ごみ拾いは地球を救う」
World Cleanup Day 2020

世界海洋の日6月8日ヴィクトリア皇太子スピーチ

ヴィクトリア皇太子 「国連海洋研究のための10年」におけるスウェーデンの活動フォーラム

国連が定めた「世界海洋の日」の2020年6月8日にスウェーデン王国の ヴィクトリア皇太子 が「国連海洋研究のための10年」におけるスウェーデンの活動フォーラムで、挨拶スピーチをされました。スウェーデン語→英日翻訳した字幕入れてみました。

知識には理解が伴います。そして理解により、変化をもたらすことができます。ご列席の皆様:あなたはあなたの前に途方もなく重要な仕事をしています。持続可能な海の問題を提起するだけでなく、それを推進することも重要です。まだ変化するチャンスがありますが。

ヴィクトリア皇太子 スピーチ

Lady and gentleman,
ご列席の みなさま

At the bottom of the Marian tomb,11 kilometers below sea level,マリアナ海溝の 水深11キロの海底に

the following year, researchers were ableto collect samples from water and sediment.
次の年 研究者たちは水と堆積物から サンプルを収集することができました

What they found in the samples was – disappointing.
研究者らが サンプルで見つけたものは-がっかりしたものでした

Because there, at the lowest location on our planet, the researchers found
なぜなら 研究者たちが 地球の最も深い場所で見つけたものは

an exceptionally high concentration of microplastics.
非常に高濃度のマイクロプラスチックでした

This is a talking example of how we humans leave traces,
これは 私たち人間が痕跡を残していることを説明する例です

even in places where no physicist has set foot.
人間が 物理的に足を踏み入れられない場所でさえもです

But it also tells us something more:about the enormous importance of
しかし それはまた私たちにもっと何かを伝えます 非常に重要なことです

research to increase and disseminate knowledge about our oceans.
私たちの海洋に関する知識を増やし 普及させるための研究 の重要性です

Two thirds of the Earth’s surface is covered by oceans.
地球の表面の3分の2は海に覆われています

Yet, today we know more about space than what happens under the surface.
しかし 今日 私たちは宇宙について多くを知っていても海面下で何が起きているかまでは知りません

Less than one percent of the world’s seabed has been studied.
世界の海底の1%未満しか研究されていません

It is quite remarkable. Not least in light of it
かなり注目です 特に

central importance that the sea has for our major future challenges,
海が私たちの将来の主要な課題の中心的な重要性に照らしてです

such as biodiversity, climate change and food supply.

生物多様性 気候変動 食糧供給 などです
That is why it feels extremely important to be here today,
だからこそ 今日ここにいることが 非常に重要だと感じています

at the commencement of the Swedish activities within the framework of the UN Decade of Marine Research.
国連海洋研究の10年の枠組におけるスウェーデンの活動が始まった ここにです

As an alumni ambassador for the UN’s Global Sustainable Development Goals
国連のグローバルな持続可能な開発目標の元大使として

I myself have had the privilege of spending extra time on sea issues.
私自身 海の問題に時間を費やすことができました

Among other things, through the Seafood Business for Ocean Stewardship initiative,
とりわけ 海洋管理イニシアチブのためのシーフードビジネスを通じて

where the world’s ten largest fishing and seafoodcompanies have cropped arm with researchers
ここでは 世界の10大漁業およびシーフード企業が

at Stockholm Resilience Center to create a more sustainable fishing industry.
ストックホルム・レジリエンスセンターの研究者たちと協力して より持続可能な漁業を創出しています

One thing that the leaders of these companies
come back to again and again
これらの企業のリーダーが何度も何度も繰り返していることの1つは

is how crucial collaboration with the researchers has been.
研究者とのコラボレーションがいかに重要であるかです

And it is, of course, quite obvious:
もちろん それは非常に明白です

If we expect leaders in politics and business to be
もし政治家や ビジネスリーダーが

make, unquestionably make uncomfortable decisions to win the development right-
問題なく 開発の権利を勝ち取るために不快な決定をするなら

Yes, then they need to have a solid science basis for their beshut,
彼らは自分たちの態度のための確固たる科学的基盤を持つ必要があります

And if we expect people to join and take responsibility for the seas
そして 人々が海のために 参加をし責任を負うことを 期待するなら

then we must first give them the opportunity to understand how the seas work
最初に彼らに理解する機会を与えなければなりません
まず 海がどのように機能するかを

and why these sensitive and strained ecosystems
そして次に なぜこれらの敏感で 緊張した生態系を保護することが

is so very important to heat
非常に重要なのかを理解する機会をです

I hope that the investment at the Universeum Ocean Science Lab
ユニバシム海洋科学研究所 への投資が

will be an important puzzle piece in this work.
重要なパズルのピースであることを願っています

With knowledge comes understanding.
知識には理解が伴います

And with understanding we can bring about change.
そして理解することで 私たちは変化をもたらすことができます

Ladies and gentlemen:
ご列席の皆様

You have a tremendously important task ahead of you.
あなた方は途方もなく重要な仕事をしています

It’s not just about raising the issues of sustainable seas,
持続可能な海の問題を提起するだけでなく

but also about pushing them forward.
それを推進することも重要で

While there is still a chance to change.
まだ変化のチャンスはありますが

I will follow your work with great interest and I wish you the best of luck!
私はあなた方の仕事を 非常に興味を持っ見まもり続けるでしょう

and I wish you the best of luck!
そしてあなたの幸運を祈ります!

Thank you!
ありがとうございます!

2019年海ごみゼロウィークキックオフイベント 江ノ島

海ごみゼロウィークキックオフイベント

海ごみゼロウィークキックオフイベント が2019年5月30日に神奈川県藤沢市の江ノ島で行われ、参加してきました。

海ごみゼロウィークキックオフイベント
つるの剛士さん ふじさわ観光大使

つるの剛士さん ふじさわ観光大使

ふじさわ観光大使のつるの剛士さんが挨拶をされて、一緒に海ごみを拾いに参加されていました。

海ごみゼロウィークキックオフイベント ふじさわ観光大使のつるの剛士さん
つるの剛士さん ふじさわ観光大使

参考文献

プラスチックごみ問題 に関するシンポジウム参加 G20サミット前

プラスチックごみ問題 に関するUNEPシンポジウム

G20大阪サミットに先立ち行われた プラスチックごみ問題 に関するUNEPシンポジウム へ参加しました。

プラスチックごみ問題 に関するUNEPシンポジウム
プラスチックごみ問題 に関するUNEPシンポジウム
UNEP

シンポジウムにおいて、G20大阪サミットおよび関係閣僚らへのメッセージが採択されました。


プラスチックごみ問題 に関する国連環境計画シンポジウム から G20サミット及び関係閣僚会合へメッセージ
を採択

メッセージ
プラスチックごみ問題に関する国連環境計画シンポジウム から G20サミット及び関係閣僚会合へ
G20サミット及び関係閣僚会合へのメッセージ
メッセージ
プラスチックごみ問題に関する国連環境計画シンポジウム から G20サミット及び関係閣僚会合へ
G20サミット及び関係閣僚会合へメッセージ

要点

  • 海洋プラスチックごみ問題 の解決には,世界全体での取組が不可欠
  • G20は,廃棄物管理の向上,海洋ごみの回収,革新的な解決策等により,プラスチックごみの海洋への流出を防ぐための取組を進める必要がある
  • UNEPをはじめとする国際機関とも協力しつつ,廃棄物管理に関する知見・技術を共有する等により,支援を必要とする国における海洋プラスチックごみ対策の取組を支援することも重要
  • G20サミット及び持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合において,日本国政府がリーダーシップを発揮し,これらの取組が大きく進展することを期待
UNEPシンポジウム
UNEPシンポジウム

外部リンク