第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証

第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証

第2次安城市環境基本計画(案)パブリックコメント

第2次安城市環境基本計画(案)が策定され、そのパブリックコメントが2020年1月15日まで募集中とのこと。

第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証
第2次安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証

みんなで読もう計画書大検証:安城市環境基本計画(案)

安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証
安城市役所の環境都市推進課の課長補佐の沓名さん

わくわくサロン:みんなで読もう計画書大検証:安城市環境基本計画(案)と題する1月7日地元(わくわくセンター)での勉強会に参加してきました。自分は2050年までのカーボンニュートラル実現のためにも物申そうと考えてのことです。安城市役所の環境都市推進課の課長補佐沓名さんから安城市環境基本計画(案)の説明をききました。

カーボンニュートラルとパートナシップ

今年2021年は2050年までカーボンニュートラルを決める上での日本の将来を決める勝負の年。

安城市環境基本計画によって、誰ひとり取り残さず幅広いパートナーシップと連帯で、地球温暖化に対処できる持続可能で強靭な社会を作ってもらいです。

男と女らがテーブルを囲んで勉強会をしています。
安城市環境基本計画:みんなで読もう計画書大検証
A plate with food, a glass of orange juice, and a blue glass of water
食事ののった皿とオレンジジュースのグラス、そして水の入った青色のグラス
Cobaco ne Cobacoのグラタンランチ

関連リンク

アイスランド大使フリーゲンリングさんを囲んで 22日

アイスランド共和国大使エリン・フリゲンリング閣下(Her Excellency Ms. Elin Flygenring)ともに 。榊原平(愛知県安城市)

北欧のアイスランド大使フリーゲンリングさんを囲むアイスランドマーケットのイベントに参加をしてきました。

アイスランド大使フリーゲンリングさん を囲んで
アイスランド大使フリーゲンリングさん を囲んで
アイスランド大使フリーゲンリングさん を囲んで
アイスランド大使フリーゲンリングさん を囲んで

スコール!!! 乾杯 Skál!


Skál!…駐日アイスランド共和国大使エリン・フリゲンリング閣下(Her Excellency Ms. Elin Flygenring)を囲んで スコール!(乾杯)

アイスランド共和国大使エリン・フリゲンリング閣下(Her Excellency Ms. Elin Flygenring)ともに
アイスランド共和国大使エリン・フリゲンリング閣下(Her Excellency Ms. Elin Flygenring)ともに 。榊原平(愛知県安城市)
アイスランド国旗
アイスランド国旗
dav
アイスランド大使フリーゲンリングさん を囲んで
Omnom Chocolate アイスランドの激うま高い「オムノム」チョコレート。
1枚1600円オーガニックなカカオ豆使用
ドリンクとコーヒーと料理とチョコレート 名札 榊原平
Omnom Chocolate アイスランドの激うま高い「オムノム」チョコレート。
1枚1600円オーガニックなカカオ豆使用

地熱や水力発電から電力を賄うアイスランドから学ぶ‥名古屋で講演会(23日17:56 CBC NEWS)  電力のほとんどを地熱や水力発電で賄うアイスランドから学ぼうという講演会が、名古屋市瑞穂区で開かれました。大学生や教育関係者など約70人が参加。駐日アイスランド大使のエーリン・フリーゲンリングさんが、「日本は温泉などの地熱エネルギーが豊富なので、それらの資源をもっと活用できれば」と話しました。 #HerExcellency #ElinFlygenring #Ambassader #Iceland #RepublicOfIceland #アイスランド

榊原 平さんの投稿 2019年2月25日月曜日

アイスランド

アイスランド Iceland

アイスランドの位置を確認北緯66°アイスランド共和国は「軍隊」を持たない国!
電力の80%を水力発電、20%を地熱発電でまかなう「再エネ100%」の国!
そして最も「汚職」のない国といわれている!

アイスランドマーケット

Donators messages for 🇮🇸Iceland KIMONO Vol.4 (アイスランドチーム にご寄付頂いた方々から応援メッセージ 再掲 2019…

アイスランド イマジン キモノ サポーターズさんの投稿 2020年8月31日月曜日

11月4日「パリ協定」発効を祝い渋谷の国連大学前に並ぶ

「パリ協定」発効祝い行動

「パリ協定」発効祝い行動。夕間のなか浮かび上がる「ACT FOR 1.5℃」の文字。 環境NGOが4日、 東京都渋谷区の国連大学前で「パリ協定」発効記念アクションを行いました。1.5℃とは、同協定が掲げる「世界の平均気温上昇を産業革命以前から15度に 抑える努力をする」にちなんだもの。 参加者は「再エネが主役」 「脱石炭」などと手書きしたボードを持ってアピールしました。「これ以上の化石燃料開発を断念し、100%自然エネルギーの社会へ転換を加速しなければ、1.5度末 満の目標は達成できない。日本政府も肝に銘じてほしい」と話していました。

夕間のなか浮かび上がる「ACT FOR 1.5℃」の文字。 環境NGOが4日、 東京都渋谷区の国連大学前で「パリ協定」発効記念アクションを行いました。

1.5℃とは、同協定が掲げる「世界の平均気温上昇を産業革命以前から15度に 抑える努力をする」にちなんだもの。 参加者は「再エネが主役」 「脱石炭」などと手書きしたボードを持ってアピールしました

「これ以上の化石燃料開発を断念し、100%自然エネルギーの社会へ転換を加速しなければ、1.5度末 満の目標は達成できない。日本政府も肝に銘じてほしい」と話していました。