5月20日は世界ミツバチの日。ありがとう、ミツバチ!

ありがとう、ミツバチ!
ありがとう、ミツバチ!

5月20日 WORLD BEE DAY #世界ミツバチの日 世界花バチの日

私たちは皆、ミツバチの生存に依存しています。 ミツバチや蝶、コウモリ、ハチドリなどの他の花粉交配者は、人間の活動による脅威にさらされています。 しかし、受粉は私たちの生態系が生き残るための基本的なプロセスです。世界の野生の顕花植物種のほぼ90%は、世界の食用作物の75%以上、世界の農地の35%とともに、動物の受粉に完全に、または少なくとも部分的に依存しています。

国連は5月20日を世界ミツバチの日

花粉交配者は食料安全保障に直接貢献するだけでなく、生物多様性を保護するための鍵となります。 花粉交配者の重要性、花粉交配者が直面する脅威、持続可能な開発への貢献についての認識を高めるために、国連は5月20日を世界ミツバチの日として指定しました。 目標は、ミツバチや他の花粉交配者を保護することを目的とした対策を強化することです。これは、世界の食糧供給に関連する問題の解決に大きく貢献し、開発途上国の飢餓をなくすのに役立ちます。 私たちは皆、花粉交配者に依存しているため、花粉交配者の衰退を監視し、生物多様性の喪失を食い止めることが重要です。

#WorldBeeDay #Savethebees を使用してソーシャルメディアでの会話をフォローしてください!

5月20日は世界ミツバチの日、花バチの日

あなたはすべての異なる花粉交配者を知っていますか? 今行動する必要があります ミツバチは脅威にさらされています。現在の種の絶滅率は、人間の影響により通常の100〜1,000倍です。

無脊椎動物の花粉交配者、特にミツバチと蝶の35%近く、およびコウモリなどの脊椎動物の花粉交配者の約17%が世界的に絶滅の危機に瀕しています。 この傾向が続くと、果物、ナッツ、多くの野菜作物などの栄養価の高い作物が、米、トウモロコシ、ジャガイモなどの主食作物にますます置き換えられ、最終的には不均衡な食事になります。 集約的な農業慣行、、単作、農薬、気候変動に伴う高温はすべて、ミツバチの個体数、ひいては私たちが育てる食料の質に問題を引き起こします。 受粉危機の側面と生物多様性および人間の生計との関連を認識し、生物多様性条約は花粉交配者の保護と持続可能な利用を優先事項としています。2000年には、農業および関連する生態系における花粉交配者の持続可能な利用を促進するための分野横断的なイニシアチブとして、国際花粉交配者イニシアチブ(IPI)が第5回締約国会議(COP V)で設立されました( COP決定V / 5、セクションII )。 。その主な目標は、花粉交配者の衰退を監視し、花粉交配者に関する分類学的情報の不足に対処し、受粉の経済的価値と受粉サービスの衰退の経済的影響を評価し、花粉交配者の多様性を保護することです。 FAOは、国際花粉交配者イニシアチブ(IPI)の調整に加えて、女王の繁殖から人工授精、蜂蜜の生産と輸出マーケティングのための持続可能な解決策に至るまで、各国に技術支援を提供しています。 花粉交配者の保護に専念する、国内および国際的な他のイニシアチブを発見してください。 どうすればもっとできるでしょうか? 個別に: 一年のさまざまな時期に開花する在来植物の多様なセットを植えます。 地元の農家から生の蜂蜜を購入する。 持続可能な農業慣行から製品を購入する。 私たちの庭で農薬、殺菌剤または除草剤を避けます。 可能な場合は野生のミツバチのコロニーを保護します。 ハイブを後援する。 外に水入れを置いて蜂の噴水を作る。 森林生態系の維持を支援する。 私たちのコミュニティやネットワーク内でこの情報を共有することにより、私たちの周りの意識を高めます。ミツバチの衰退は私たち全員に影響を与えます! 養蜂家、または農家として: 農薬の使用量を減らす、または変更する。 作物を可能な限り多様化する、および/または畑の周りに魅力的な作物を植える。 生け垣を作成します。 政府および意思決定者として: 意思決定への地域コミュニティの参加、特に生態系と生物多様性を知り、尊重する先住民の参加を強化する。 変化を助けるための金銭的インセンティブを含む戦略的措置を実施する。 受粉サービスを監視および評価するために、国内および国際的な組織、組織、学術および研究ネットワーク間のコラボレーションを強化します。

5月20日は世界ミツバチの日、花バチの日
5月20日は世界ミツバチの日、花バチの日
dav

紅茶専門店カレルチャペック

ミツバチということで目に止まりました。三省堂書店名古屋高島屋店カレルチャペックのパッケージみて買ってしまいました。

may 20 world bee day 2022 3
may 20 world bee day 2022 1
may 20 world bee day 2022 2

ありがとう、ミツバチ!

ミツバチは約40日間足らずを生き、少なくとも1000もの花々を訪れ、🥄小さじ1杯未満の蜂蜜を生産します。 私たちにとっては蜂蜜小さじ1杯ですが、ミツバチにとっては一生です。 ありがとう、ミツバチ!」

may 20 world bee day 2022

関連記事