11日のフィリップ国王出席宮中晩餐会後の森耕治氏と 学士会館にて

ベルギー

日本ベルギー外交関係150周年のためにフィリップ国王の来日に合わせて、10月11日の宮中晩餐会に出席されたベルギー王立美術館解説者の 森耕治先生にお会いしに学士会館に行ってきました。

日本ベルギー友好150周年ベルギー王立美術館森耕治ぎふ講演

日本ベルギー友好150周年 記念およびベルギー王国大使館後援事業として 2016年4月22日に ベルギー王立美術館 公認解説者 で美術史家である森耕治先生に岐阜に御越しいただき「欧州美術史講演」を開催しました。冒頭、浅井大美子先生のお琴を演奏していただきました。

有島生馬画伯作 震災記念 と日本ベルギー友好150周年

有島生馬画伯作 震災記念 を東京の両国にある「東京都復興記念館」に見てきました。 有島生馬(ありしまいくま)画伯の絵画《震災記念》 日本ベルギー友好150周年記念 今年は日本ベルギー友好150周年記念です。 その記念事業… 続きを読む 有島生馬画伯作 震災記念 と日本ベルギー友好150周年

ベルギー大使館 日本ベルギー友好150周年記念 森耕治講演 レセプションに

駐日ベルギー大使(バッソンピエール駐日ベルギー公使参事官・臨時代理大使)とともに。

2月17日にベルギー大使館 からの招待で,日本ベルギー150周年を記念して「ルーベンス、戦う画家から愛の画家へ」と題する ベルギー大使館 日本ベルギー友好150周年記念 森耕治講演 レセプションに参加してきました。夢のような時間を過ごすことができました。

巨匠の絵画にみる「四季」アルティンボルト 16日

果物や野菜や木で作られた奇怪な人間の顔の「アルティンボルト」が作成した「四季」という絵には、神聖ローマ帝国の皇帝が諸侯であるザクセン候に宛てた「同盟」「平和の維持」「外敵からの防衛」という高度なメッセージが込められていた凄い作品であることを知りました。