「ピースマシーン」の夢とレガシー:脳腫瘍に苦しみながらもAIの力で平和を追い求めたティモ・ホンケラの57年間の物語

フィンランドセンターで学んだティモ・ホンケラ教授と彼のピースマシーンについてを学びました。彼は戦争や暴力や不和の影響を受けた家族の経験から、人間の言葉や感情やコミュニケーションを改善するピースマシーンを夢見ました。AIと人工知能の力で平和を実現する彼の願いに共感し、その理念を支持します。

宿輪純一教授が主催する第406回宿輪ゼミ

宿輪純一教授が主催する第406回宿輪ゼミ 今日6月21日、宿輪純一教授が主催する第406回宿輪ゼミに参加しました。このゼミでは、不安定な円安・株高、米国財務省WATCH LIST、厚生労働省のデジタル給与についてなど様々… 続きを読む 宿輪純一教授が主催する第406回宿輪ゼミ

起源への問い2020:鳥類ほ乳類は意識体験している

第5回合同講演「起源への問い」2020 脊椎動物はヒトと同じような神経構造を持っていることから、心的機能の基盤は類似していると仮定できる、鳥類とほ乳類はヒトと同じように情報処理をし、それに付随して意識体験をしている可能性がある、つまり彼らがある種の心を持っていると推測できる。鳥類ほ乳類は意識体験をしている 心がある

競争に先んじて『飛躍』する方法 Howard Yu

Howard Yu 競争に先んじて”飛躍”する方法とは、ディスラプションを味方につける絶対王者の5原則を実践することです。 この本の著者であるHoward Yuは、IBM WatsonやIMDの教… 続きを読む 競争に先んじて『飛躍』する方法 Howard Yu

落合陽一 AIとともに君はどう生きたいか?京大祭2017

関西教育フォーラム2017「落合陽一人工知能(AI)ともに君はどう生きたいか?~現代の魔法使い・落合陽一と考える21世紀の大学の役割~」を聴講しに、京大祭が開催されている京都大学へ2017年11月26日にいってきました。生の落合陽一氏を見ることができました。