世界食料デーシンポジウム2018

世界食料デーシンポジウム2018

シェフたち 世界食料デー記念シンポジウム
世界食料デー記念シンポジウム シェフたち

世界食料デーシンポジウム2018 に出席してきました。

FAO日本所長 Charles Boliko チャールズ・ボリコ氏


「世界の飢餓人口は再び増加。原因の1つは「自然災害と気候変動」、2つ目が「紛争」、3つ目は「経済停滞」。世界の飢餓人口は8億2100万人。アフリカに多いかと思われがちだが、実際にはアジアに5億1500万人で、全体の3分2。世界には人口をまかなうだけの食料は生産されている。しかし生産されている食料の1/3は廃棄されている。Foodロス 食料ロス。SDG12 生産消費、SDG13 気候変動、SDG2 食料ロス・飢餓」

世界食料デーシンポジウム2018


FAO親善大使 国谷裕子氏


「飢餓人口の増加の3つの原因は
・自然災害 気候変動
・紛争
・経済停滞
環境正義 Environmental Justice が叫ばれている。
ストックホルム・レジリエンス・センター所長ヨハン・ロックストローム教授は言う。「我々は2つのことをしなければならない。・脱化石燃料 ・持続可能な食料供給を」
また水資源を持続可能にしていかなくてはならない
新しい世界の開発アジェンダ SDGs
しかし、気候変動で悪循環に陥っている。」
FAO所長ボリコ氏:
「小規模農家にレジリエンスを持たせるためには、・知識を共有する・気候変動対応型農業」
シリアなどで分かったこと。難民キャンプに食糧支援をしてきたが、難民キャンプに50%避難しているということは、残りの半分の50%の人は元の土地に残っている。残っている人たちを支援しなくてはならない。
小規模農家のレジリエンス
・予防
・回復力
気候変動対応型農業により小規模農家のレジリエンスは高まる。
食料ロスによる温室効果ガス排出は国として換算すれば、中国、米国についでに第3番目となる。
SDGsでは5つのP

・P People(人間)・P Planet (地球) ・P Partnership(パートナーシップ) ・P Peace(平和)・P prosperity(豊かさ)」
「No One Leftbehind 誰一人取り残さない」とは、「誰もが自分事として取り組むこと。」
気候変動を放置すれば、今世紀末までに東アジアの食糧生産量は現在の半分になる。

中村勝宏 シェフ。#ミシュラン 1つ星を日本で初めて獲得。洞爺湖サミットでも総料理長を務められた。
WFP #FAO世界食料デ-記念シンポジウム
世界食料デーシンポジウム2018 中村勝宏 シェフ。#ミシュラン 1つ星を日本で初めて獲得。洞爺湖サミットでも総料理長を務められた。
WFP FAO WFP #FAO世界食料デ-記念シンポジウム
黒い着物を着た男性が立っています。世界食料デ-記念シンポジウム
フーディスト・リンクの高田 大雅氏

講演は撮影不可、レセプションは写真撮れました。以下、メモより。
国谷裕子氏(元NHKクローズアップ現代キャスター・現在、国連FAO親善大使)
国谷裕子氏(元NHKクローズアップ現代キャスター・現在、国連FAO親善大使)

ヴィクトリア皇太子 SDG推進と海洋保護を訴える

スウェーデン王国ヴィクトリア皇太子

ヴィクトリア皇太子 の開会あいさつ

ヴィクトリア皇太子 は、4月19日の国連シンポジウムの開会あいさつで、日本が国連加盟から60年目であることや加盟当時の第2代国連事務総長がスウェーデン出身のダグ・ハマーショルドであったことを取り上げて、
事務総長のシカゴ大学での「信仰の告白」と呼ばれる講演の言葉を引用され、私たちが「最善の理解」において、 持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals=SDGs)  に取り組まなくてはならないことを強く訴えました。

冒頭講演されるヴィクトリア皇太子
スウェーデン王国ヴィクトリア皇太子

シンポジウムの会場には 高円宮妃 久子様もいらっしゃいました。

歓談されるヴィクトリア皇太子と高円宮妃久子 様
高円宮妃久子様とヴィクトリア皇太子
男が立って講演しています。ヨハン・ロックストローム博士、高円宮妃久子 様
プラネタリー・バウンダリー(9つの人類が注意すべき限界点)を語るヨハン・ロックストローム博士、聞き入る高円宮妃久子様

参考文献

プラネタリーバウンダリー ロックストロームが警鐘する人類が注意すべき9つの生存の限界点

ロックストローム プラネタリーバウンダリー

プラネタリーバウンダリー =地球に住む人類生存の限界

「地球の限界を知ることは未来への道しるべ~地球合宿2015特別講演ヨハン・ロックストロームの地球~」と題する講演を11月11日東京・お台場の 日本科学未来館 で聴講してきました。

2015年の コスモス国際賞 受賞のため来日中の ストックホルム大学レジリエンスセンター長 である ヨハン・ロックストローム(Johan Rockstrom)教授は,人類が生存できる範囲の限界 プラネタリーバウンダリー (Planetary boundaries):地球の限界 を把握することで,人類にとって壊滅的な変化を避けながら発展を持続できるのではないかと提唱し,国際機関などに多くの影響を与えてきました。

館長の毛利衛さんとヨハン・ロークストローム博士、IGES竹内さん
スクリーンには採択されたばかりの国連持続可能な開発目標 SDGs

人類が注意すべき人類生存限界点

プラネタリーバウンダリー

ロックストローム プラネタリーバウンダリー
ロックストローム プラネタリーバウンダリー

ヨハン・ロックストローム教授が示す9つの限界。このうち赤い部分のある「気候変動」「窒素とリンの循環」「生物多様性の損失」の3つは既に限界点を越えて危機的である。

ヨハン・ロックストローム博士
ガラス張りの建物
日本科学未来館
ヨハン・ロックロームの地球 地球の限界を知ることは未来への道しるべ The Earth of Dr.Johan Rockstrom
ヨハン・ロックロームの地球 地球の限界を知ることは未来への道しるべ
The Earth of Dr.Johan Rockstrom
ヨハン・ロックロームの地球
地球の限界を知ることは未来への道しるべ
The Earth of Dr.Johan Rockstrom

関連リンク