ヘレン クラーク第37代ニュージーランド首相

ヘレン クラーク 第37代ニュージーランド首相

ヘレン・クラーク第37代ニュージーランド首相
ヘレン クラーク 第37代ニュージーランド首相
ヘレン・クラーク 第37代ニュージーランド首相
ヘレン クラーク 第37代ニュージーランド首相
ヘレン・クラーク 第37代ニュージーランド首相
ヘレン クラーク 第37代ニュージーランド首相
ヘレン クラーク 第37代ニュージーランド首相

世界の国連大学のど真ん前で フラワーソフトスタンド

国連大学の前、表参道のフラワーソフトスタンド"FLOWER SOFT STAND"

国連大学にヘレン・クラーク第37首相の対談「持続可能な開発は可能か?〜Sustainable Development Is It Possible?〜」を聴講し渋谷に来たところ、

国連大学のど真ん前 表参道にあったフラワーソフトスタンド

国連大学の前、表参道にあったフラワーソフトスタンド"FLOWER SOFT STAND"
国連大学の前、表参道にあった”FLOWER SOFT STAND”

トッピングのエディブルフラワーには、ピンクカラーの「パステル」、レッドやパープルの「ビビッド」、イエローやオレンジの「ウォーム」がある。「パステル」「ビビッド」を注文する。

国連大学の前、表参道のフラワーソフトスタンド"FLOWER SOFT STAND"
国連大学の前、表参道の”FLOWER SOFT STAND” ピンクカラーの「パステル」、レッドやパープルの「ビビッド」

世界の国連大学のど真ん前で 買ってきたフラワーソフト

国連大学の前、表参道で買ってきたフラワーソフト
国連大学の前、表参道で買ってきたフラワーソフト
ピンクカラーの「パステル」、レッドやパープルの「ビビッド」

世界の国連大学のど真ん前で フラワーソフトクリームを食べる。 表参道から持ってきたら溶けた

国連大学の前までもってきたら少し溶けた。
国連大学の前までもってきたら少し溶けた。
トッピングのエディブルフラワー、ピンクカラーの「パステル」、レッドやパープルの「ビビッド」

今からヘレン・クラーク第37聞く。「持続可能な開発は可能か?〜Sustainable Development Is It Possible?〜」

関連記事

参考文献

2度目の恵方巻き 味わって考えるサステナビリティ

今日 2度目の恵方巻。節分の日の 二度目の恵方巻き をいただきました。交流会のテーマは「味わって考える伊勢・三河流域圏のサステナビリティ」でしたから。サステナ= 持続可能性 って美味しいですね。


名古屋の鶴舞の中部大学で行われた「 2017年度 中部サステナ政策塾 活動発表交流会」 に一般で参加しました。前犬山市長の 石田芳弘 さんや元参議院議員 山本保 さんのお顔も今日は拝見できました。持続可能な開発目標(SDGs)について活動発表、政策提言、グループ討論や全体討論が行われ、一般参加ながら自分も発言させていただきました。

石田芳弘氏SDGsについて語る

持続可能な開発目標(SDGs)は、人類に差し迫った 気候変動 自然災害問題、環境汚染、生物多様性 喪失問題、国際紛争、飢餓・貧困、化石燃料エネルギー問題等々、地球規模の問題に対処するために国連が2030年までに達成を掲げた17の目標と169個のターゲットです。「誰一人取り残さない」(No One Left Behind)世界の実現を目指し、その達成には発展途上国ばかりか先進国を含む全ての国に適用されます。

気候変動問題・環境問題で対処して発展を続け、これからもおいしい自然の恵を食べ続けていくには、日本でももっとSDGsが認知されSDGs達成へ向けた活動がされていく必要があると思います。今後も協力していこうと思います。

関連リンク

プラネタリーバウンダリー ロックストロームが警鐘する人類が注意すべき9つの生存の限界点

ロックストローム プラネタリーバウンダリー

プラネタリーバウンダリー =地球に住む人類生存の限界

「地球の限界を知ることは未来への道しるべ~地球合宿2015特別講演ヨハン・ロックストロームの地球~」と題する講演を11月11日東京・お台場の 日本科学未来館 で聴講してきました。

2015年の コスモス国際賞 受賞のため来日中の ストックホルム大学レジリエンスセンター長 である ヨハン・ロックストローム(Johan Rockstrom)教授は,人類が生存できる範囲の限界 プラネタリーバウンダリー (Planetary boundaries):地球の限界 を把握することで,人類にとって壊滅的な変化を避けながら発展を持続できるのではないかと提唱し,国際機関などに多くの影響を与えてきました。

館長の毛利衛さんとヨハン・ロークストローム博士、IGES竹内さん
スクリーンには採択されたばかりの国連持続可能な開発目標 SDGs

人類が注意すべき人類生存限界点

プラネタリーバウンダリー

ロックストローム プラネタリーバウンダリー
ロックストローム プラネタリーバウンダリー

ヨハン・ロックストローム教授が示す9つの限界。このうち赤い部分のある「気候変動」「窒素とリンの循環」「生物多様性の損失」の3つは既に限界点を越えて危機的である。

ヨハン・ロックストローム博士
ガラス張りの建物
日本科学未来館
ヨハン・ロックロームの地球 地球の限界を知ることは未来への道しるべ The Earth of Dr.Johan Rockstrom
ヨハン・ロックロームの地球 地球の限界を知ることは未来への道しるべ
The Earth of Dr.Johan Rockstrom
ヨハン・ロックロームの地球
地球の限界を知ることは未来への道しるべ
The Earth of Dr.Johan Rockstrom

関連リンク