ヘレンド工房の魅力を紐解く リスト・ハンガリー文化センター 東京

東京

ヘレンド

東京」は、2019年12月、・ハンガリー外交関係開設150周年を記念し開館しました。一般の方を対象としたハンガリーに関する展覧会や講演会、室内楽コンサートなどを開催しているほか、ハンガリーに関する情報を発信しています。

IMG 20220602 131531

ヘレンドとは?

ヘレンドは、ハプスブルク家の統治下にあった1826年、ハンガリ-西部のへレンド村に開窯し工房を開きました。1851年イギリス ロンドンのロンドンで開催された世開催の世界初の万国博覧会に出品し、時のヴィクトリア女王がウィンザー城用にディナーセットを注文、後年そのシリーズ名が「ヴィクトリア」と名付けられました。また皇帝フランツ・ヨ―ゼフの庇護の下、1864年に一時閉窯したウィーン窯の絵柄「ウィーンの薔薇」を継承。次いで1867年のパリ世界万国博覧会で、ナポレオン三世の皇妃ウージェニが「インドの華」を購入。シノワズリシリーズなど次々とヒット作を生み、現在に至るまで時代が大量生産機械化へと流れても、手造り・手描きを大切に守り、その多彩な絵柄に加え高い芸術性とチャレンジ精神で世界を魅了し続けています。

IMG 20220602 132938
IMG 20220602 133056
IMG 20220602 131344

関連記事