2月2日は 聖燭祭シャンドルール 太陽が輝く春と幸せを祈るクレープの日

サーモンとトマトのクレープ
サーモンとトマトのクレープ

2月2日 シャンドルールの日

2月2日は、フランスでは「シャンドルール」と呼ばれる祭りの日です。

この日は、太陽が輝く春の到来と家族の幸せを祈り、クレープを食べるという習慣があります。

クレープは、太陽に見立てられた黄金色の生地で作られており、一年間の幸運や豊穣を願うことができると言われています。

シャンドルールの由来と意味

シャンドルールとは、フランス語で「ろうそく」という意味です。この祭りは、キリスト教の「聖燭祭」という行事に由来します。聖燭祭とは、キリストが世界の光であると宣言した日とされる2月2日に、教会でろうそくに火を灯して祈る儀式です。この日は、キリストの誕生から40日目にあたり、マリアが清めの儀式を受けた日ともされます。

しかし、シャンドルールの起源は、キリスト教よりも古く、古代ローマの祭りにさかのぼります。古代ローマでは、2月の初めに「ルペルカリア」という祭りが行われていました。この祭りは、豊穣の神ルペルクスに捧げられたもので、羊の毛皮を身にまとった男たちが町を走り回り、女たちを鞭で打って妊娠や出産の祝福を与えるというものでした。この祭りは、キリスト教に取り入れられて、ろうそくに変わったという説があります。

シャンドルールは、キリスト教の影響を受けたヨーロッパ各地で行われるようになりましたが、フランスでは特に盛んになりました。フランスでは、シャンドルールは春の訪れを告げる日とされ、太陽の光を反射する黄金色のクレープを食べるという習慣が生まれました。クレープは、太陽に見立てられたもので、この日にクレープを食べると、一年間の幸運や豊穣を祈ることができると言われています。また、クレープを上手にひっくり返すと、願いが叶うとも言われています。

愛知・高浜市 高浜港駅前のフェアリーハウス(Fairy House)

Fairy Houseは、平日は11:30から22:00まで、土日祝日は10:00から22:00まで営業しています女性やカップルに人気のお店です。

クレープのランチ:サーモンとトマトのクレープ

サーモンとトマトのクレープ

抹茶と小豆のデザートクレープ

https://static.blog-video.jp/?v=wVUufGqMRMSyK15RnJoSMtyi

クレープ・ガレットFairy House 高浜市

クレープ・ガレットFairy House 高浜市

聖燭祭(ラ・シャンドルール)とは?

2月2日は ラ・シャンドルール 「聖燭祭(せいしょくさい)」の日です。フランスでは、この日、太陽が輝く春の到来と家族の幸せを祈り、願いと成就を祈り、クレープ(crêpe)を焼き食べるそうです。

クレープは、太陽の光を反射する黄金色の生地で作られており、太陽に見立てられています。この日にクレープを食べると、一年間の幸運や豊穣を祈ることができると言われています。フランス人の友人に聞いたところ、日本で言うところの節分のような感覚だそうです。

実は、この習慣はキリスト教の起源ではなく、古代ローマの祭りに由来するという説もあります。そのため、キリスト教徒でない人も、クレープを食べることがあります。

Fairy House のcrêpe

2月2日には、1日遅れたけど、ランチに愛知県高浜市 Fairy House で、おかずとしての crêpeクレープ とデザート・クレープを食べて、暖かい春の到来をお祝いしました。

2月2日は シャンドゥルール 聖燭祭 でクレープを食べる日です。1日遅れたけど、2月3日に高浜市にある Fairy House さんで、ランチの クレープ を食べました。
デザート・クレープ 2月2日は ラ・シャンドルール 「聖燭祭(せいしょくさい)」。フランスでは暖かい春の到来を祝って、クレープを食べて日だそうです。1日遅れたけど、ランチに愛知県高浜市 Fairy House さんで、おかずの クレープ とデザート・クレープを食べてお祝いしました。

クレープとガレットの生地は、サクサクとした食感で、具材との相性が良かったです。私は、コーヒーと一緒にクレープとガレットを堪能しました。

Fairy Houseは、フランスのクレープの日にぴったりのお店でした。クレープとガレットの種類も豊富で、どれも美味しかったです。私は、Fairy Houseでクレープを食べて、春の訪れと幸せを感じました。あなたも、Fairy Houseでクレープを食べてみませんか?きっと、素敵な時間が過ごせると思います。

参考