2020年シャンドルールの日もクレープを食べる

シャンドゥレール の日にクレープを食べる
シャンドルールの2月2日にクレープを食べる
名古屋タワーズから眺める伊吹山

シャンドルール La Chandeleuとは?

シャンドルール La Chandeleur の日は「聖母お清めの祝日」というキリスト教徒の祝日で、、ベルギー、スイスにおいてクレープを食べる日であります。

2020年シャンドルール の日にクレープを食べる
2月2日にクレープを食べる

2020年シャンドルールの2月2日クレープを食べる

ですので、2020年シャンドルールの2月2日もクレープを食べました。

2020年2月2日シャンドルールの日にクレープを食べる榊原平
 シャンドゥレールの2月2日にクレープを食べる

2020年2月2日シャンドルールの日にクレープを食べる榊原平
 クレープを食べる

パンケーキの日

、ベルギー、フランス語を話すスイスでは伝統的にキャンドルマスでパンケーキを準備します。
キャンドルマスは常に教会で祝われます2月2日そして、クリスマスのまぐさ桶は、キリスト降誕のサイクルの最後を構成するこのごちそうまでそこに保管されません。キャンドルマスは、「パンケーキの日」として俗人に祝われてい ます。伝統は、ローマに到着した巡礼者にパンケーキを配布した教皇ゲラシウス1世に起因しますが、ウェスタの処女の習慣も見ることができます。ルペルカーリア祭は、次の収穫が良いものになるように、古い収穫の小麦で準備されたケーキを提供しました24。キャンドルマスの際には、家の中のすべてのキャンドルに火をつける必要があります25。

また、パンケーキは丸くて金色の形をしており、太陽の円盤を思い起こさせ、暗くて寒い冬の後に春が戻ってきたと言われています。

伝統:左手に金貨を持って右手でパンケーキをひっくり返す

今日でも、パンケーキの製造に関連する全体的な象徴性があります。5世紀の終わりにまでさかのぼり 、豊穣儀礼に関連する伝統は、左手に金貨を持って右手でパンケーキをひっくり返すことで構成されています(たとえば、ルイドールまたはその通貨に失敗する)一年を通して繁栄を体験するためには、パンケーキが鍋に正しく着地することを保証することが重要です。また、最初に作ったパンケーキは食器棚に保管する必要があると言われているため、次の収穫は豊富になります。それが食器棚の上部であり、クレープがカビを生やさず、惨めさを防ぐと見なされることが時々指定されます。

関連記事