おぢいさんのランプ 1942年新美南吉作

新美南吉 『おぢいさんのランプ』 ウォールペイント 安城駅すぐそば
安城 新美南吉と女学生らの像の桜も満開に
安城 新美南吉と女学生らの像

おぢいさんのランプ 新美南吉  (1942年)

おぢいさんのランプ』は「ごんぎつね」で著名な童話作家・新美南吉の作品

「文明開化」という掛け声が聞こえて来たころ、まだ已之助の村の夜には灯りがなかった。初めて訪れた町で已之助はランプを見つける。持ち帰ったランプは夜の闇を明るく照らした。始めは新しいものに抵抗のあった村人たちも、やがて受けいれるようになり、巳之助はランプの商いで身を立てることに成功した。しかし町では電柱が立てられ、電灯という新しく明るい灯りがランプに代わり始めていた……

『 おぢいさんのランプ 』あらすじ

 東一少年が友達とかくれんぼをしているときに、蔵の中でランプを見つける。その形を面白がった彼は蔵からランプを持ち出し、友達と見入っていたところ、おじいさんから「子供は何でも持ち出しおる!電信柱でも何でも、遊ぶものはいくらでもあるだろう!」と叱られてしまう。やがて日が暮れた。東一が家の中で、昼間に見つけたランプをこっそりといじっていたところ、おじいさんがやってきて自身の一代記を語りはじめる。

 五十年ほど前、時は明治の終わり頃。岩滑新田(やなべしんでん。現・半田市)の村に巳之助という少年がいた。彼は両親も親戚もいない、全くの孤児だった。そんな彼は子守でも米搗きでも何でも村の雑用をこなし、何とか村に置いてもらっていた。ある日、人力車牽きの手伝いを頼まれて、生まれて以来、離れたことがない村を出て大野(現・常滑市)の町に行った巳之助は、そこで初めてランプという物を知る。その明るさに感動した彼は、自分の村も明るくしたいと考え、何とかランプを手に入れて自分の村に持ち込む。そこから徐々に手を広げ、ランプ売りとして生計を立てるようになった。 

 ある日、売り文句で「畳の上に新聞をおいて読める」と言いながら、自分が文盲であることを恥じた彼は、区長さんの納屋を借りて住んでいた縁から区長さんに字を教えてもらい、書物を読むことを覚える。

 ランプ屋として成功した彼は家を建て、妻を娶る。やがて子どもも生まれ、幸せの絶頂だった。ところが、ある日、大野の町に行った巳之助は電気を知り、ランプを上回る電灯の存在に驚き恐れを抱く。いつしか村にも電気を引くという話が持ち上がる。電灯が灯されれば、用なしのランプが駆逐されてしまうだろう。ランプに生活をかける巳之助は電気の導入に頑強に反対したが、結局のところ村への電気導入が決まってしまう。彼は逆恨みして、電気導入の寄り合いで議長を務めた区長さんの家に火を放とうとする。しかし、放火しようにも、手元にマッチがなかった。代わりに持ってきた火打石ではなかなか火が起こせず、苛立った彼は、「古くさい物は、いざというとき役に立たねえ」と悪態をつく。 

 その瞬間、彼は自身の誤りを悟る。今やランプも古臭いものだ。これに執着して、逆恨みで火を放つなど人の道に反することだ。彼は家に引き返すと、家にあるすべての売り物のランプに灯油を注ぎ、商売用の車に下げて持ち出す。そして五十個ほどあった全てのランプを池の縁の木にぶら下げて火を灯すと、泣きながら石を投げつけ、その何個かを割り、ランプに別れを告げるのだった。そして彼はランプ屋を廃業し、町に出て本屋をはじめた。東一が蔵で見つけたのは唯一残った置きランプだった。

 東一の祖父である巳之助は、東一にこう諭して結ぶ。「わしの商売のやめ方は、自分でいうのもなんだが、なかなか立派だったと思うよ。わしのやり方は少し馬鹿だったが」「・・・それでも世の中が進歩して自分の商売が役に立たなくなったらすっぱりそいつを捨てて、昔にすがりついたり時代を恨んだりしてはいけないんだ」           (おしまい)

新美南吉 『おぢいさんのランプ』 ウォールペイント 安城駅すぐそば
南吉ウォールペイント 新美南吉 『おぢいさんのランプ』 安城駅 南口でてすぐそば
モーニング ろくえん市民会館店 2021年2月16日
モーニング ろくえん市民会館店 2021年2月16日
JR安城駅 の  ペデストリアンデッキ の 天球儀
JR安城駅 の ペデストリアンデッキ の 天球儀

外部リンク

ダスグプタ レビュー:英財務省報告書発表 知っておくと良い10+1の事柄

ダスグプタ レビュー Dasgupta Review

人類は今やかつてないほど繁栄していますが、同時に、生物多様性は人類の歴史の中でかつてないほど急速に減少しています。その結果は、人間の健康と生計だけでなく、経済にとっても深刻で広範囲にわたるものです。それが火曜日にロンドン発表されたダスグプタ報告書生物多様性の経済学:ダスグプタ レビュー)が述べていることです。

この報告書は、ケンブリッジ大学経済学名誉教授であるパーサ・ダスグプタのライフワークをまとめた600ページを超えるクラスターです。

1.人と経済は、重要なサービスを提供するために自然に依存しています…

自然は人間に食物、きれいな空気と水、原材料、エネルギー、そして仕事のストレスから立ち直る場所を与えます。しかし、これらは人々にとって必要かつ価値があるとしても、通常は経済的価値で定義されていません。

2.そしてサービスを享受するには生物多様性が必要

多様性は、生物の異なる種の間の複雑なバランスを維持します-そしてパズルのすべての部分は、生態系で果たすべき独自の重要な役割を持っています。

これにより、自然が繁栄し、自然が提供するサービスが可能になります。生物多様性の損失は、自然がもたらす利益の減少を意味します。

生物多様性のバランスを崩すことは、予測できない結果をもたらす可能性があります。世界保健機関(WHO)によると、動物由来の病気の蔓延を強めることになります。たとえば、世界で知られている感染症の60%は動物に由来します。

3.経済は自然なしでは回りません

経済学の現在のモデルは、社会が自然とは別に運営されているという仮定に基づいています。自然は、私たちが天然資源を使用し、それらから異なる成果を生み出す場合にのみ経済に含まれます。たとえば、経済の主要な指標である国内総生産(GDP)は、自然資本の消費を考慮していません。

ただし、世界経済フォーラム(WEF)によると、世界のGDPの半分以上が自然とそのサービスに大きくまたは中程度に依存しています。たとえば、受粉サービス(蝶やマルハナバチなど)の減少は世界の農業で年間最大5,770億ドルの損失を引き起こす可能性があります。

したがって、生物多様性は自然サービスを可能にし、それが今度は経済の回転を可能にします。したがって、経済は自然から孤立して運営されません。

コロナ危機からのより良き復興 15分シティとは?

15分シティとは?コロナ危機からのより良き復興

より良き復興 15分シティ とは?

日本語の字幕をつけました!

「15分シティ」では、誰もが自宅から徒歩または自転車ですぐに、すべてではないにしてもほとんどのニーズを満たすことができます。

それは、住民、人にやさしく、「完全な」そして、つながりのある地域で構成された都市です。それは、人々を地元の地域と再接続し、都市の生活とサービスを分散させることを意味します。

都市がCOVID-19の回復に向けて取り組んでいるため、15分の都市は、都市開発の組織原則としてこれまで以上に重要になっています。これは、COVID-19をきっかけに、都市が都市生活を安全かつ持続的に復活させるのに役立ち、市長が構成員と共有および構築できる前向きな未来のビジョンを提供します。

より具体的には、それは都市を横断する不必要な移動を減らし、より多くの公共スペースを提供し、地元のハイストリートに生命を注入し、コミュニティの感覚を強化し、健康と福祉を促進するのに役立ちます、健康と気候のショックに対する回復力を高め、都市の持続可能性と居住性を向上させます。

15分シティとは?コロナ危機からのより良き復興
15分シティとは?コロナ危機からのより良き復興

以下の短いクリップで、15分の都市の詳細をご覧ください。

世界中がロックダウンしてしまった以前
私たちは忙しい 生活を 送っていました
通勤時間が長く
家族や友人といっしょに過ごす
時間が足りませんでした
交通は 私たちの空気を汚し
スモッグが 私たちの 空を覆っていました
それが異なる場合は どうでしょうか?
「ニューノーマル」がつくれたらどうでしょうか?

私たちの時間を取り戻せる
私たちの健康と幸福 を取り戻せる
私たちのコミュニティーを取り戻せる場としてのです
これが 「15分シティ」の背景にある
考え方です
都市での 生活を より便利に
するための 動きの拡大
よりストレスがすくなく
より持続可能です

15分シティ は 私たちが 必要とするものが
すべてが 家の近くにあります
コミュニティは 安全で 包摂的です
空気はクリーンです

15分シティ は ものとサービスが
簡単に手に入れられる場所です

新鮮な食料品 ヘルスケア その他の設備は
すべてわずかな距離にあります

15分シティは 誰もが 集まる場所です

15分シティには 手頃な価格で
アクセスしやすく 世帯向けの快適なな住宅が あります

すべてのサイズと 世代向けの住宅がです
15分シティ では あなたが家の近くで
あるいは よりしばしリモートで
働けることを 意味します
そして 私たちは 私たちの近所で
 役割を 果たします

私たちが 元の生活に
戻らないとしたら どうなりますか?
私たちが 既に 生活の仕方を 変える力を
もっていたらどうでしょうか

一緒に 私たちは 望む未来を
 再想像し 創ることが できます
よりクリーンで より安全で

より健康的で より包摂的な 未来をです
そして ささいなことをして 楽しめる
貴重な時間を
私たちに 与えてくれます

外部リンク

ウルフムーン 29日明け方に晴れ渡り今年初めての満月

ウルフムーン

雨上がりで曇っていましたが、1月29日明け方には空も晴れ渡り、2021年今年の初めての満月 ウルフムーン が見えました。月の道も見えました。

2021年今年の初めての満月がみえました。月の道も

ウルフムーンとは?

アメリカの先住民が名付けた満月の呼び名です。毎月さまざまなネーミングが付けられているのですが、1月は「ウルフムーン」と呼ばれます。これは、真冬の食糧不足を嘆く、飢えた狼の遠吠えにちなんで名付けられたものなんだそう。冬に響き渡る、狼の悲壮な鳴き声を想像すると、1月の満月が物悲しくも儚げに目に映るような気がします。

ウルフムーン関連外部リンク

国連2021年優先事項をグテーレス事務総長が語る

国連2021年優先事項 をアントニオ・グテーレス事務総長が語りました。

国連2021年優先事項をグテーレス事務総長が語る
COVID-19パンデミックは すべての国とすべての経済で大混乱を引き起こしました。私たちは200万人の命を失いました。人的被害は増え続けています。極度の貧困は
世代に見られないレベルに戻っています。
不平等は拡大しています。
再び飢餓が増えています。
そして 世界的な脆弱性は曝され続けています。
私たちは自然との戦争を宣言しました。そして自然は反撃しています。気候危機は激しさを増しています。生物多様性は崩壊しつつあります。
一方 地政学的な緊張は 平和のための私たちの集団的努力を弱体化させています。
核および化学物質の増殖のリスクが高まります。
サイバースペースでの無法な行動は 犯罪 暴力 誤った情報 混乱を広めるための新しい領域を生み出しました2020年は私たちに悲劇と危険をもたらしました。
2021年はギアを変えて世界を軌道に乗せる年でなければなりません。
私たちは死から健康へ、災害から復興へ、絶望から希望へ、いつものビジネスから変革へ、と移行する必要があります。
持続可能な開発目標 SDGs は今まで以上に重要になっています。今こそ 人々 経済 社会 そして私たちの地球の幸福を確保する時です。
可能です。
だから私たちはそれを実現させなければなりません。

外部リンク