サンナ・マリン首相:2030年までにSDGsを達成するためには

サンナ・マリン首相:世界的に、2030年までに持続可能な開発目標を達成するためには、全員が参加する必要があります。私たちは世界を変えることができ、それを一緒に行う必要があります。
世界的に、2030年までに持続可能な開発目標を達成するためには、全員が参加する必要があります。私たちは世界を変えることができ、それを一緒に行う必要があります。

サンナ・マリン首相


「世界的に、2030年までに持続可能な開発目標を達成するためには、全員が参加する必要があります。私たちは世界を変えることができ、それを一緒に行う必要があります。」

サンナ・マリン首相
フィンランドの目標は
2030年までに社会的 経済的 環境的に持続可能な社会に なることです

Covid-19 危機からの 回復は
私たちを より持続可能な道に
連れて行かなければなりません
フィンランドは

最も持続可能な経済の一つであり
そして世界で最も幸せな国である
と言われています

私たちはうまくいっています

私たちの社会は非常に平等であるためです

私たちの 社会の資産は北欧の福祉モデルです

アクセス可能な 教育と医療も信頼を生み出します

社会において 持続可能な政策を構築することにおいてです
世界的に 2030年までに持続可能な開発目標を達成するのに 私たちは より力を合わせて取り組む必要があります

フィンランドでは2035年までに気候中立になるという目標を設定しました

循環経済には 「製造、使用、廃棄」モデルを
置き換える必要があります

フィンランドや他においてです

それは平等の問題でもあります

フィンランドは 世界中の男女平等と 女性と女児の権利のために活動しています

持続可能な開発目標を達成するため全員が参加する必要があります

私たちにはそれらを推進するために 強力で 効率的な多国間主義システムが必要です

私たちは 世界を変えることができます

一緒に取り組む必要があります
サンナ・マリン首相:世界的に、2030年までに持続可能な開発目標を達成するためには、全員が参加する必要があります。私たちは世界を変えることができ、それを一緒に行う必要があります。
世界的に、2030年までに持続可能な開発目標を達成するためには、全員が参加する必要があります。私たちは世界を変えることができ、それを一緒に行う必要があります。

11月4日「パリ協定」発効を祝い渋谷の国連大学前に並ぶ

外部リンク

関連記事