5月17日 ボンジュールフランスオープニングソワレ

月明かりが夜空を照らし、星々がきらめく中、私はボンジュール・フランス・オープニングソワレへと足を運びました。その場所は、フランス大使公邸、一夜限りの夢の舞台でした。

夜空に浮かぶ月が、大使公邸を優雅に照らし出し、その光景はまるで絵画のようでした。そこには、生の滝川クリステルの美しさと、キムタクと工藤静香の間の木村心実の純真さが、夜の帳を彩っていました。

料理は、まるで芸術作品のよう。それぞれの皿が、フランスの伝統と革新を体現していました。そして、そのおもてなしは、心からのもので、私たちを暖かく包み込んでくれました。

そして、最後には、みんなで「オー・シャンゼリゼ」を歌い、その歌声は夜空へと響き渡りました。その一夜は、まるで夢のような時間で、私たちの心に深く刻まれました。