ふれあい「えのき」156号にせせらぎひまわりまつりコメント掲載

ふれあい「えのき」156号にせせらぎひまわりまつりコメント掲載
ふれあい「えのき」156号にせせらぎひまわりまつりコメント掲載

ふれあい「えのき」156

せせらぎ・ひまわりまつりにいったときのことが、榎前の地域誌「ふれあい・えのき」 156号にコメント掲載されました。

ふれあい「えのき」156号にせせらぎひまわりまつりコメント掲載
榊原平さん
箕輪町
ひまわり畑を見に9月15日に行われたせせらぎ・ひまわりまつりに行きました。 これから台風だというのに青空も見え、ひまわりも正面に顔を向けまっすぐ立っていました。 ひまわり畑は平けた景観と調和もとれ、ここが埋立て処分場だったことをすっかり忘れさせてい ました。 せせらぎ散策路ではきらきらと明治用水の水の流れに赤い彼岸花が添えられた水車が回 り心を癒してくれました。 大勢の人が賑やかなまつりを楽しむ中でみたらし団子のおもてなしも 受け嬉しい気持ちになりました。
前では「協働共栄」 「自分たちで考え努力する」 という日本デンマーク安城の開拓者精神が 生き続け美しい景観と豊かさを守っていることを実感させてくれました。
西部地区社会福祉協議会 山田 啓史
前町毎年恒例の「せせらぎ・ひまわり まつり」に初めて参加させて頂きました。 この地区の社協担当になり約半年がたち ましたが、いつも前町の行事は、盛大で、 子どもから高齢の方まで数多い世代が参 加されているなと感じています。
今回も産直市、 日用品バザー・輪投げ、 金魚すくいなどたくさんのブースが設けられ多くの 笑顔がみられました。 まつりの象徴である元気に りは、町を明るくそして元気に させるであると思いました。このように環境に配慮し、 自然を大切にした榎町の街づくりは 町の防災、防犯、 また人の心に安らぎをもたらしているのだと思います。 来年もこの「せせらぎ・ひまわりまつり」を楽しみにしています。 参加させていただきまして
ふれあい「えのき」にせせらぎひまわりまつりコメント掲載