安城市内でも桜が開花 新美南吉と女学生2人を模ったオブジェ

安城市内でも桜が開花。新美南吉 と 女学生 2人 の像 「南吉語らいの椅子 」 安城 2022年3月21日 春分の日 安城でも桜
咲いていました桜。新美南吉 と 女学生 2人 の像 「南吉語らいの椅子 」 安城 2022年3月21日 春分の日

安城市内でも桜が開花

3月21日の春分の日の今日、安城市内でも桜が咲いていました。

鈴なりに咲くアセビの花

鈴なりに咲くアセビの花
鈴なりに咲くアセビの花

アセビ)とは?

  • 科・属: ツツジ科・アセビ属英名: Japanese andromeda和名: 馬酔木学名: Pieris japonica
  • アセビ)のは「犠牲」「献身」
桜の蕾 2022年3月21日
桜の蕾 2022年3月21日

安城市内でも桜が開花:「南吉語らいの椅子 」の桜

オブジェ「南吉語らいの椅子 」とは?

オブジェ「南吉語らいの椅子」は、「ベンチに座って本を読んでいる新美南吉とそれを見ている女学生2人」を模ったオブジェです。南吉が通勤路として使っていた安城市中心市街地 〒446-0032 愛知県安城市御幸本町8−11に新美南吉の生誕日である2014年(平成26年)7月30日に設置されました。「ベンチに座って本を読んでいる南吉とそれを見ている女学生2人」を模ったオブジェです。

安城市内でも桜が開花。新美南吉 と 女学生 2人 の像 「南吉語らいの椅子 」 安城 2022年3月21日 春分の日 安城でも桜
咲いていました桜。 と 女学生 2人 の像 「南吉語らいの椅子 」  2022年3月21日 春分の日

新美南吉とは?

  • 新美南吉は日本の児童文学作家。大正2年7月、愛知県知多郡半田町(現在の半田市)に生まれました。
  • 代表作 『ごん狐』(1932年)『デンデンムシノカナシミ』(1935年)『おぢいさんのランプ』(1942年)『牛をつないだ椿の木』(1943年)『手袋を買いに』(1943年)
  • 1938年(昭和13年、25歳)安城高等女学校(現・安城高校)の教諭となり、1年生(19回生)を担任する。
  • 新美南吉は結核のために1943年(昭和18年)に半田で亡くなりました。

新美南吉が読んでいる本は?

新美南吉が読んでいる本は?「三年」  アントン・チェーホフ作

新美南吉の銅像(語らいのベンチ)が持っている本はアントン・チェーホフの「三年」という短編タイトルです。

「三年」 アントン・チェーホフ

портр.автогр. 1902 ПСС16т прил.к Ниве cropped

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ(ロシア語: Антон Павлович Чехов:アントーン・パーヴラヴィチ・チェーハフ/ラテン文字(英文表記)Anton Pavlovich Chekhov、1860年1月29日・タガンログ – 1904年7月15日・バーデンワイラー)は、ロシアを代表する劇作家であり、多くの優れた短編を遺した小説家。

アントン・チェーホフ作「三年」あらすじ

6月–サンクトペテルブルクのAlexéï Laptevは、ミサが彼女を家に連れて帰るのを待っていました。彼は、癌に苦しんでいる妹のニーナを治療している医者であるユリアの父親に会いたいと思っています。彼が望んでいるのはユリアと時間を過ごすことであるため、それは口実です。彼は彼女を情熱的に愛していますが、彼女は自分の気持ちを共有していないと感じています。ニーナに戻って、彼は彼女に読みます。彼女はパナウロフと結婚したときに経験した不幸、不貞、破滅、孤独について彼に話しますが、それでも彼女は彼を愛しています。

翌日、アレクセイはユリアへの愛を告白します。彼女は彼が好きではないので逃げます:彼は醜いです。しかし、彼女は彼の決定を疑っています。彼は彼女に法廷を開かず、この声明だけを言いました。彼女はカードに頼り、次に祈りに頼ります。彼女は老婆のままですか?

翌日、ユリアはアレクセイに会うためにニーナに行きます。彼女は彼のプロポーズを受け入れますが、Iouliaのぬるぬるさの前で、彼は彼女が彼の幸運のために彼と結婚するか、彼の退屈な世界を去るべきであるという予感を持っています:彼女は彼に自分自身を売りました。「人」はどう思いますか?この結婚はどのように起こりましたか?

9月-結婚式、そしてモスクワへの新婚夫婦の即時出発。ラプテフの卸売りの大騒ぎで、ユリアはアレクセイの兄弟、フィオドール、彼の父フィオドール、そして店員と見習いに会います。配偶者の皆さん、おめでとうございます。アレクセイは、6か月の不在の間、食堂での生活は変わっていないと述べています。見習いは奴隷であり、殴打され、見守られ、その場で眠ります。アレクセイはユリアに、彼の若さ、父親に殴られた子供、夫に恐怖を感じた死んだ母親について話します。

11月-「人」、パウリナ・ラッソウディナとのコンサートでのミーティング。彼女は彼の妻が彼女のお金だけを望んでいると思います。彼は彼女の家を歩きます。彼女は彼を嫉妬の念に投げ込みます:なぜ彼は彼を愛した唯一の女性である彼女と結婚しなかったのですか?ニーナの死。彼の娘のサチャとリダは、アレクセイとイオウラと一緒にモスクワに住む予定です。

3月-夫婦間の関係の悪化:彼女は彼女の過ちに苦しみ、来ない愛の火花を望んでいます。彼女が彼と結婚したのは彼の富のせいであると彼は信じているので、彼は特に彼女のお金をのろいました。彼女は父親と一緒にサンクトペテルブルクに2、3週間出発しますが、そこに滞在するのは2日間だけです。

5月-ユリアは妊娠しています。

1年後-赤ちゃんのオリアは生後8ヶ月です。ユリアは人生に愛の必要がないことを知っています。彼女は夫を尊敬し、彼が長い間不在であると退屈します。ジフテリアによる赤ちゃんの死。PaulinaRassoudinaがYartsevと一緒に暮らすようになります。

冬-二人の兄弟の間の議論:フィオドールはヨーロッパでのロシアの使命について考えています、アレクセイは彼らが彼らの子供時代に受けた打撃によって残忍な店主に過ぎないと言います、彼らはもはや意志を持っておらず、すべてを恐れています。フョードルの神経疾患。フョードルの父は盲目になります。預金は放棄されます。IoulaはAlexeiに預金を引き継ぐように頼みます。アレクセイは、お金がユリアに彼と結婚するように促した理由ではなかったことを理解しています。

6月-アレクセイがデポを引き継ぎます。彼の最初の措置は、見習いの体罰を禁止することです。彼は会計を行い、財産が600万ルーブルに達することを発見しました。彼女の兄フィオドールは亡命中であり、すぐに死ぬでしょう、そして3年後、ユラはついに彼女が彼を愛していると彼に話します。時が教えてくれる。

  • 抽出
  • ニーナからラプテフへ:彼女は若いです、あなたはもう若くはありません、そしてあなたは美しくありません、しかしあなたはとてもいい人です。
  • ラプテフからユリアへ:あなたは敬虔でこれらのことを愛しています。宗教は私を怖がらせます。そして私が教会を通過するとき、それは私の子供時代を思い出させ、私に震えを与えます。
  • ラプテフ、アレクセイ・フョードロヴィッチ :34歳。
  • ユリア :21歳、敬虔なセルゲイ・ボリシッチ医師の娘は何もしません。
  • Paulina Rassoudina :30歳、「人」と呼ばれ、ラプテフの元愛人。
  • ニーナ :39歳のラプテフの妹は、ガンに苦しんでおり、パナウロフと結婚しています。
  • Kostia Kotchévoi :弁護士のLaptevsに引き取られた孤児。
  • Yartsev、37、Laptev兄弟の友人、教師。
  • ラプテフ兄弟のキシュフの友人、学生。
  • Sacha :10歳、ニーナとパナウロフの娘。
  • パナウロフ :ニーナの夫は、彼の財産を飲み込み、彼の愛人と一緒に暮らしています。
  • ラプテフ、フィオドール :アレクセイの兄弟。
  • ラプテフ、フィオドール :ニーナ、アレクセイ、フィオドールの父。
桜の花  2022年3月25日 安城市御幸本町8番11号
桜の花 2022年3月25日 安城市御幸本町8番11
桜の花  2022年3月25日 安城市御幸本町8番11号
桜の花 2022年3月25日 安城市御幸本町8番11

花見団子を2本

花見団子を2本
花見団子を2本

桜まつり

桜まつり
桜まつり

関連記事