栗おこわを炊いて9月9日の重陽の節句を祝う

重陽の節句 2023年9月9日

今日9月9日は重陽の節句、菊の花が咲き誇る季節です。秋の味覚を心ゆくまで楽しみました。

栗おこわ

栗おこわはもちもちとして甘くて、一口食べると幸せな気持ちになりました。

栗おこわを炊いて9月9日の重陽の節句を祝う 2023年9月9日

鮭ときのこのホイル焼き

鮭ときのこのホイル焼きは香ばしくてジューシーで、秋の空気を感じさせてくれました。

栗とごまとりんごの白あえ

栗とごまとりんごの白あえはさっぱりとして、口の中でふわっと溶けました。

栗とりんごの干しぶどうのコンポート

栗とりんごの干しぶどうのコンポートはほろ苦くて爽やかで、秋の夕暮れを思い出しました。

秋の恵みに感謝しながら、美味しい食事をいただきました。

重陽の節句とは

重陽の節句とは、9月9日に行われる菊の花を飾ったり、菊酒を飲んだりする伝統的な行事です。菊は長寿や不老不死の象徴とされており、栗は子孫繁栄や厄除けの意味があります。

重陽の節句 2022年9月9日

9月8日(木)に 栗おこわ を炊きました

秋の味覚として人気の栗おこわは、重陽の節句に食べると縁起が良いと言われています。

栗おこわ 9月

オードブルとしては、竹輪と大葉とチーズを串刺しにして焼いたものや、栗おこわを小さく丸めて海苔で巻いた栗おにぎりなどがおすすめです。重陽の節句には、菊の花や菊酒と一緒に栗おこわを楽しんでみてください。秋の味覚と伝統文化を味わうことができますよ。

栗おこわ 9月

オードブル 竹輪と大葉とチーズ

栗おこわを炊いて9月9日の重陽の節句を祝う 2023年9月9日
栗おこわを炊いて9月9日の重陽の節句を祝う 2023年9月9日

栗おこわのレシピ(4人前)

そこで、今回は栗おこわの作り方をご紹介します。

栗の甘みともち米のふっくら感が絶妙に合う栗おこわは、重陽の節句にぴったりなご飯です。

【材料】(4人分)

  • もち米 2合
  • 栗 20個
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • 水 400ml

【作り方】

  1. もち米は洗ってザルに上げて水気を切ります。栗は皮をむいて半分に切ります。
  2. 土鍋にもち米と水を入れて混ぜます。醤油、砂糖、塩を加えてさらに混ぜます。
  3. 栗を土鍋に入れて全体になじませます。蓋をして中火で15分炊きます。
  4. 蓋を開けずに弱火で10分蒸らします。蓋を開けて全体をほぐしてから再び蓋をして5分蒸らします。
  5. 器に盛って出来上がりです。

栗おにぎり

栗おこわ 9月 栗おにぎり
栗おこわ 9月 栗おにぎり

類似記事

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です