21世紀の戦略的コミュニケーションについてのNATO StratCom COE ヤーニス・サールツ氏による洞察

東京大学公共政策大学院で登壇するヤーニス・サールツ(Jānis Sārts)氏はNATO戦略的コミュニケーションセンター・オブ・エクセレンス(ラトビア・リガ)所長

はじめに:NATO戦略的コミュニケーションセンター・オブ・エクセレンスNATO StratCom COE(ラトビア・リガ)所長ヤーニス・サールツJānis Sārts氏

東京大学公共政策大学院で、ヤーニス・サールツ Jānis Sārts 氏の講義を聞く機会がありました。

NATO戦略的コミュニケーションセンター・オブ・エクセレンス NATO StratCom COE(ラトビア・リガ)の所長ヤーニス・サールツ Jānis Sārts

彼はNATO戦略的コミュニケーションセンター・オブ・エクセレンス NATO StratCom COE(ラトビア・リガ)の所長で、その講演は、戦略的コミュニケーションという広範で深遠なテーマについてのものでした。

SMBC Academia Hallの看板
東京大学公共政策大学院で登壇するヤーニス・サールツ(Jānis Sārts)氏はNATO戦略的コミュニケーションセンター・オブ・エクセレンス(ラトビア・リガ)所長

サールツ氏は、戦略的コミュニケーションが情報空間のツール、デジタルプラットフォーム、アルゴリズム、ディープフェイク、偽情報、データの価値と利用、データに基づく行動など、多くの要素に依存していると語りました。

彼の組織は、同盟国に対して戦略コミュニケーションに関する分析とサポートを提供しています。

彼は以前、ラトビア国防省の国務長官を7年以上務め、防衛部門の改革を主導しました。

また、ラトビアのサイバーセキュリティ政策を監督し、CERT.LVの業務を監督していました。彼は1972年7月28日に生まれ、リガの中学校、ラトビア大学、NATO防衛大学で教育を受け、スウェーデンの防衛研究所で研修を受けました。

おわりに

サールツ氏の講演は、戦略的コミュニケーションの重要性とその未来の展望を深く理解するための貴重な機会でした。

彼の経験と知識は、私たちがデータ駆動の世界でどのように行動すべきか、そしてそれがどのように我々の未来を形成するかを理解するのに非常に有益でした。

類似する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です