秋葉忠利 前広島市長講演「都市と市民の役割」17日

秋葉忠利 前広島市長講演「都市と市民の役割」17日「都市と市民の役割」17日
秋葉忠利・前広島市長講演「都市と市民の役割」

秋葉忠利 前広島市長講演

可児市のアーラ(可児市文化創造センター )で行われた 秋葉忠利 前広島市長 「都市と市民の役割」 を聴いてきました。

何故都市や市長が核廃絶を訴えるのか?市民の生命財産福祉に直接的責任を持つ。市民に一番近い政治的存在。市民の声を国や世界に代弁する立場にある。市民との信頼感が強い。都市には市民と共に未来を作る責任。核戦争は未来そのものを奪ってしまう。

秋葉忠利 前広島市長講演「都市と市民の役割」17日「都市と市民の役割」17日
秋葉忠利・前広島市長講演「都市と市民の役割」

世界平和は、地域での平和と同じように、全ての人が隣人を愛することで実現するものではありません。お互い同士、寛容の心を持って共に生きること、そして争いは公正かつ平和的な方法で解決することで実現します。

―ケネディー大統領アメリカン大学講演

世界平和は、地域での平和と同じように、全ての人が隣人を愛することで実現するものではありません。お互い同士、寛容の心を持って共に生きること、そして争いは公正かつ平和的な方法で解決することで実現します。
秋葉忠利・前広島市長講演「都市と市民の役割」

秋葉 忠利(あきば・ただとし)

広島大学特任教授、AFS日本協会理事長1942年、東京都生まれ。66年、東京大学理学部数学科卒。68年、東京大学大学院修士課程修了。70年、マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了。タフツ大学准教授、広島修道大学教授を経て、90~99年衆議院議員。99~2011年、広島市長。現在は広島大学特任教授。高校生の留学を支援するAFS日本協会の理事長も務める。78年、海外の記者を原爆被災理解のため広島・長崎に招く「アキバ-プロジェクト」を発足。

リンク

関連記事