ニコラ・テスラ没後80年記念イベント:交流電力システムを生み出した人類の恩人

「天才発明家ニコラ・テスラ没後80年記念イベント」が、セルビア大使館とテスラ研究所によって開催されました。

このイベントでは、現代の研究者たちとともに、ニコラ・テスラの交流電力や無線の業績を追及しました。

ニコラ・テスラは、交流電力システム、誘導電動機、回転磁界などの発明で知られています。

彼はまた、無線通信やエネルギー伝達についての研究も行いました。

1891年にはテスラ変圧器(テスラコイル)を発明しました。 また、彼が発明した誘電モーターおよび(交流式の)電気システムについて説明した論文“A New System of Alternating Current Motors and Tran.”を執筆しました。

テスラは生涯に約300件の特許を取得し、現代の科学技術に多大な影響を与えました。

ニコラ・テスラの来歴

ニコラ・テスラは、1856年にセルビアのスモイラン村で生まれた発明家で、電気工学と機械工学の分野で多くの革新的な発明をしました。彼はグラーツ工科大学で学んだ後、ブダペストやパリで電信会社に勤務し、1884年にアメリカに渡りました。そこでトーマス・エジソンと一緒に働きましたが、直流電力と交流電力の優劣をめぐって対立し、1年後に独立しました。

テスラの発明と業績

テスラは自らの会社を設立し、交流電力システムや誘導電動機、回転磁界などの発明を行いました。また、無線通信や無線電力伝送などの先駆的な研究も行いました。彼の最も有名な発明の一つがテスラコイルです。これは高周波の高電圧を発生させる変圧器で、空中放電や人工雷などの派手な実験に使われました。

ニコラ・テスラ没後80年記念

テスラは生涯に約300件の特許を取得し、現代の科学技術に多大な影響を与えました。しかし、彼は商業的な成功や社会的な名声を得ることができず、1943年にニューヨークで孤独な死を遂げました。彼の死後、彼の業績は再評価され、多くの賞や記念施設に彼の名前が冠されました。

2023年は彼の没後80年にあたり、セルビア大使館とテスラ研究所が記念イベントを開催しています。

ニコラ・テスラの銅像

IEEE二コラ・テスラ賞

ニコラ・テスラの銅像の前に立つ榊原平
ニコラ・テスラの銅像と花束の間に立つ榊原平
天才発明家ニコラ・テスラ没後80年記念イベントで記念撮影するセルビアの民族衣装を着た女性と榊原平
天才発明家ニコラ・テスラ没後80年記念イベントで記念撮影するセルビアの民族衣装を着た女性と榊原平

テスラの言葉

ニコラ・テスラは天才発明家としてだけでなく、人類の未来への夢と希望を持った人物としても記憶されています。彼の言葉で締めくくりましょう。

私はこの世界に何かを残したいと思っています。私はこの世界を少しでも良くしたいと思っています。

類似記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です