英国エリザベス女王のご逝去の記帳に駐日英国大使館へ 16日

イギリス・エリザベス女王のご逝去の記帳
dav

英国エリザベス女王のご逝去の記帳

イギリスのエリザベス女王のご逝去の記帳に駐日英国大使館に伺いました。

イギリス・エリザベス女王のご逝去の記帳
dav

記帳に訪れた人らの長蛇の列ができていました。まだ気温が高いこともあって大使館員が飲水を提供されていました。

IMG 20220916 151738
IMG 20220916 151739
IMG 20220916 151131

貴重の前には身分証確認がありました。

IMG 20220916 141716

女王の記帳に長蛇の列

IMG 20220916 141933

 参考

IMG 20220916 151128

エリザベス女王死去 イギリス大使館で多くの人が死を悼む 東京

エリザベス女王が死去したことを受けて、東京都内のイギリス大使館に設けられた記帳台には最終日の16日、多くの人が訪れて女王の死を悼んでいました。

K10013821771 2209161908 0916202336 01 03

エリザベス女王が亡くなったことを受けて、東京 千代田区のイギリス大使館には今月12日から記帳台が設けられています。

最終日の16日は、100人以上が正面玄関から壁沿いに数十メートルにわたって並び、大使館によりますと15日は一日でおよそ800人が訪れたということです。

訪れた人たちはエリザベス女王の写真が飾られた記帳台にメッセージを記したあと、正面玄関前に掲げられたイギリス国旗の下に花を手向けて手を合わせ、女王の死を悼んでいました。

横浜から訪れた60代の女性は「英語を教えているのでイギリスにも関心があり、亡くなられたことはとてもショックでした。女王のことばに多くの方が癒やされてきたので世界にとって大事な方を失い、一つの時代が終わったと感じます」と話していました。

日本の大学院で学んでいるウクライナ人の25歳の女性は「イギリスが私の国に対して行っている努力に感謝を感じ、ここに訪れて弔意をお伝えしたいと思いました。女王はすばらしい方で、人生を通して責務を果たされた方だと思います。家族や親戚に囲まれて安らかに眠っていただきたい」と話していました。

関連記事