「多次元貧困指数 MPI の設計 (2022)」国連 Learning For Natureを修了

国連 Learning For Natureの「多次元貧困指数 MPI の設計 (2022) GBF ターゲット 21: 意思決定への公平かつ効果的な参加」を受講し9月5日に修了しました。

国連 Learning For Natureの「 MPI の設計 (2022) GBF ターゲット 21: 意思決定への公平かつ効果的な参加」を受講し9月5日に修了しました。

国連 Learning For Natureの「多次元貧困指数 MPI の設計 (2022)  GBF ターゲット 21: 意思決定への公平かつ効果的な参加」を受講し9月5日に修了しました。

(MPI)

MPI:Multidimensional Poverty Index は、教育、健康、生活水準、雇用、安全、および貧困の他の多くの側面における貧困の程度と発生頻度を把握することにより、伝統的な金銭的貧困対策を補完します。国連開発計画により2010年人間開発報告書において導入された。

MPI の設計 (2022)

MPI course room 2022 card 3 624x344 1

コースでは、国および地方の例を使用して、国および地方レベルで MPI を設計する方法について、政策立案者、技術専門家、およびその他の利害関係者に詳細な実践的ガイダンスを提供

  学習目標:コースを修了すると、次のことができるようになる。

  • 堅牢な MPI の開発に必要な手順を理解する
  • 多次元貧困測定の規範的選択と技術的要件を調べる
  • MPI の設計と使用における利害関係者の関与の重要な側面を理解する
  • 持続可能な開発のための 2030 アジェンダに沿って、国および地方レベルでの多次元貧困削減の進捗状況を監視、分析、報告する

参考

関連記事