国連Learning For Nature「生物多様性のための空間データの使用」GBFターゲット01: 陸と海の利用計画 を修了

国連 Learning For Nature「生物多様性のための空間データの使用」を修了

国連 Learning For Nature「生物多様性のための空間データの使用」を修了

国連 Learning For Nature「生物多様性のための空間データの使用」を修了しました。

Taira Sakakibara Using Spatial Data for Biodiversity Using Spatial Data for Biodiversity Learning for Nature page 001

LEARNING FOR NATURE

Learning For Nature


パートナー:国連開発計画 (UNDP)、 の応用リモートセンシング訓練プログラム(ARSET)、コスタリカ環境エネルギー省 (MINAE)、PRIAS 研究所、

の応用リモート センシング トレーニング プログラム(ARSET) と国連開発計画(UNDP) は、無料のマイクロ コース「生物多様性のための空間データの使用」を提供。

グローバルな生物多様性に基づくリモート センシングの使用は、保全と持続可能な開発の行動計画にとって非常に重要です。2022 年に再開されたこのコースでは、 の衛星とセンサー、新しくリリースされたUN Lab (UNBL)バージョン 2.0、 が支援する森林に関する新しいデータを生成するいくつかのプロジェクト、および国の事例研究に関するトレーニングを提供します。政策立案者、技術専門家、およびその他の利害関係者が空間データの使用を促進し、生物多様性条約 (CBD)、国連気候変動枠組条約 (UNFCCC)、および持続可能なための 2030 アジェンダ開発 (2030 アジェンダ)へのコミットメントを達成するように導くように設計されています。

学習目標

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • 生物多様性と持続可能な開発に関する主要な国際協定を特定する
  • 生物多様性の保全を監視するための空間データの価値を説明する
  • 国レベルで空間データを使用する際の一般的な障害のいくつかを克服する方法を説明する
  • UN Lab を使用して、空間データを視覚化し、分析を実行し、関心のある地域の地図を作成する

講座の内容

参考

関連記事

ポスト 2020 生物多様性枠組1次ドラフト

2050 Vision and 2030 mission 

2050 ビジョン及び 2030 ミッション 

The vision of the framework is a world of living in harmony with nature where: “By  2050, is valued, conserved, restored and wisely used, maintaining ecosystem  services, sustaining a healthy planet and delivering benefits essential for all people.”
ポスト GBF のビジョンは、自然と共生する世界であって、「2050 年までに、生物多様性が 評価され、保全され、回復され、そして賢明に利用され、そのことによって生態系サービス が保持され、健全な地球が維持され、全ての人々に不可欠な恩恵が与えられている」。 

The mission of the framework for the period up to 2030, towards the 2050 vision is: “To take  urgent action across society to conserve and sustainably use and ensure the fair  and equitable sharing of benefits from the use of genetics resources, to put biodiversity on a  path to recovery by 2030 for the benefit of planet and people”.8 

本枠組のミッションは 2030 年までの期間に設定され、2050 年ビジョンを目指すものであ り、「生物多様性の保全およびその持続可能な利用と遺伝資源の利用から生ずる利益の公正 かつ衡平な配分がなされ、地球と人類の利益のため、2030 年までに生物多様性を回復の軌 道に乗せるために緊急の行動を取ること 8」である。 

2050 Goals and 2030 Milestones  2050 ゴール及び 2030 マイルストーン 

The framework has four long-term goals for 2050 related to the 2050 Vision for Biodiversity.9 Each 2050 goal has a number of corresponding milestones to assess, in 2030, progress  towards the 2050 goals.  

本枠組は生物多様性のための 2050 年ビジョンに関係する 2050 年までの4つの長期的ゴー ルを有する。9 各 2050 年ゴールには 2030 年に 2050 年ゴールへの進捗度を評価するため の数多くの対応するマイルストーンが設定されている。 

Goal A 

The integrity of all ecosystems is enhanced, with an increase of at least 15 per cent in the  area, connectivity and integrity of natural ecosystems, supporting healthy and resilient  populations of all species, the rate of extinctions has been reduced at least tenfold, and the  risk of species extinctions across all taxonomic and functional groups, is halved, and genetic 

diversity of wild and domesticated species is safeguarded, with at least 90 per cent of genetic  diversity within all species maintained. 

ゴール A 

自然生態系の面積、連結性及び一体性が少なくとも15%増加し、すべての生態系サービス の一体性が強化されることで、すべての種の健全かつレジリエントな個体群が支えられる とともに、絶滅率が少なくとも十分の一に削減され、すべての分類学及び機能群に属する種 のリスクが減らされ、また、野生及び家畜化された種が保護されることで、すべての種の少 なくとも 90 パーセントの遺伝的多様性が維持される。 

Milestone A.1 

Net gain in the area, connectivity and integrity of natural systems of at least 5 per cent. マイルストーン A.1 

自然生態系の面積、連結性及び一体性が少なくとも実質5パーセント増加する。 

Milestone A.2 

The increase in the extinction rate is halted or reversed, and the extinction risk is reduced by  at least 10 per cent, with a decrease in the proportion of species that are threatened, and the  abundance and distribution of populations of species is enhanced or at least maintained. マイルストーン A.2 

絶滅率の増加を止めもしくは反転させ、絶滅リスクが少なくとも 10 パーセント削減される とともに、絶滅の恐れのある種の割合が減少し、種の数と分布が促進もしくは少なくとも維 持される。 

Milestone A.3 

Genetic diversity of wild and domesticated species is safeguarded, with an increase in the  proportion of species that have at least 90 per cent of their genetic diversity maintained. マイルストーン A.3 

野生及び家畜化された種の遺伝的多様性が保護されることで、その少なくとも 90 パーセン トの遺伝的多様性が維持されている種の割合が増加する。 

Goal B 

Nature’s contributions to people are valued, maintained or enhanced through conservation  and sustainable use supporting the global development agenda for the benefit of all; ゴール B 

保全と持続可能な利用により、自然がもたらすもの(NCP)が高く評価され、維持され、も しくは強化され、すべての人々の便益のための世界的な開発アジェンダを支えている。

Milestone B.1 

Nature and its contributions to people are fully accounted and inform all relevant public and  private decisions. 

マイルストーン B.1 

自然及びそのもたらすもの(NCP)が十分に説明され、すべての関連する市民及び民間の意 思決定に対し情報が提供される。 

Milestone B.2 

The long-term sustainability of all categories of nature’s contributions to people is ensured,  with those currently in decline restored, contributing to each of the relevant Sustainable  Development Goals. 

マイルストーン B.2 

自然がもたらすもの(NCP)についてすべてのカテゴリーの長期的な持続可能性が確保され るとともに、減少しつつある現状が回復され、関連する持続可能な開発目標それぞれに貢献 する。 

Goals. 

Goal C 

The benefits from the utilization of genetic resources are shared fairly and equitably, with a  substantial increase in both monetary and non-monetary benefits shared, including for the  conservation and sustainable use of biodiversity. 

ゴール C 

遺伝資源の利用から生じる利益が公正かつ衡平に配分されるとともに、生物多様性の保全 及び持続可能な利用等のために配分される金銭的及び非金銭的利益が大幅に増加する。 

Milestone C.1 

The share of monetary benefits received by providers, including holders of traditional  knowledge, has increased. 

マイルストーン C.1 

伝統的知識の保持者を含む供給者が受ける金銭的利益の配分が増加する。 

Milestone C.2 

Non-monetary benefits, such as the participation of providers, including holders of traditional  knowledge, in research and development, has increased. 

マイルストーン C.2 

研究及び開発における、伝統的知識の保有者を含めた、供給者の参加等の非金銭的利益が増加する。 

Goal D 

The gap between available financial and other means of implementation, and those  necessary to achieve the 2050 Vision, is closed. 

ゴール D 

利用可能である実施のための財政的及びその他の手段と 2050 年ビジョン達成のために必 要なそれら手段の間のギャップが縮小される。 

Milestone D.1 

Adequate financial resources to implement the framework are available and deployed,  progressively closing the financing gap up to at least US $700 billion per year by 2030. マイルストーン D.1 

本枠組の実施のための十分な資源が利用可能で有効活用され、少なくとも年 7,000 億米ド ルにのぼる財政上のギャップを 2030 年までに漸進的に埋めていく。 

Milestone D.2 

Adequate other means, including capacity-building and development, technical and scientific  cooperation and technology transfer to implement the framework to 2030 are available and  deployed. 

2030 年までの本枠組の実施のため、能力構築・、科学技術協力、技術移転等のその他 の十分な手段が利用可能で有効活用される。 

Milestone D.3 

Adequate financial and other resources for the period 2030 to 2040 are planned or committed  by 2030. 

マイルストーン D.3 

2030 年から 2040 年までの間の十分な財政的及びその他の資源が 2030 年までに計画もし くは誓約される。 

G. 2030 action targets G.2030 年行動ターゲット

12. The framework has 21 action-oriented targets for urgent action over the decade to 2030.  The actions set out in each targeet need to be initiated immediately and completed by 2030.  Together, the results will enable achievement of the 2030 milestones and of the outcome oriented goals for 2050. Actions to reach these targets should be implemented consistently  and in harmony with the Convention on Biological Diversity and its Protocols and other  

relevant international obligations, taking into account national socioeconomic conditions.10 12. 本枠組は 2030 年までの 10 年間に必要な緊急な行動のための 21 の行動指向型ターゲ ットを有している。各ターゲットに設定されている行動はただちに着手され、2030 年まで に終了される必要がある。合わせて、この結果は 2030 年マイルストーン及び 2050 年にむ けた結果指向型のゴール達成を可能にする。これらのターゲットを達成するための行動は、 国内の社会経済状況を考慮しつつ、(CBD)とその議定書及び他の関連する 国際的な義務と矛盾することなく、調和する形で実施されるべきである。10 

1. Reducing threats to  

1. 生物多様性への脅威の削減 

Target 1. Ensure that all land and sea areas globally are under integrated inclusive spatial planning addressing land- and sea-use change, retaining existing intact and  wilderness areas.  

ターゲット 1. 既存の手つかずの地域及び原生自然を保持しつつ、すべての陸地及び海域 が地球規模で、土地/海の利用の変化に対応する生物多様性を含んだ統合的な空間計画下 にあることを確実にする。 

Target 2. Ensure that at least 20 per cent of degraded freshwater, marine and terrestrial  ecosystems are under restoration, ensuring connectivity among them and focusing on priority  ecosystems. 

ターゲット 2. 劣化した淡水域、海域及び陸域の生態系の連結性を確実にし、優先する生態 系に重点を置き、少なくともその20%が回復の状態にあることを確実にする。 

Target 3. Ensure that at least 30 per cent globally of land areas and of sea areas, especially  areas of particular importance for and its contributions to people, are conserved  through effectively and equitably managed, ecologically representative and well-connected  systems of protected areas and other effective area-based conservation measures, and  integrated into the wider landscapes and seascapes. 

ターゲット 3. 少なくとも 30 パーセントの陸域及び海域、特に、生物多様性にとって特 に重要な地域及びそれが人々へもたらすものが、効果的及び衡平に管理され、生態学的に代 表的で、また良好に連結された、保護地域及び OECM のシステムを通して保全され、また、

より広範なランドスケープ及びシースケープに統合される。 

Target 4. Ensure active management actions to enable the recovery and conservation of  species and the genetic diversity of wild and domesticated species, including through ex situ  conservation, and effectively manage human-wildlife interactions to avoid or reduce human wildlife conflict. 

ターゲット 4. 種と野生及び家畜化された種の遺伝的多様性の回復と保全を可能にするた めの積極的な管理の行動を域外保全等の取組を含めて確保し、また、ヒトと野生生物の軋轢 を避けもしくは減らすためのヒトと野生生物との関わり合いを効果的に管理する。 

Target 5. Ensure that the harvesting, trade and use of wild species is sustainable, legal, and  safe for human health. 

ターゲット 5. 野生動植物の採取、取引及び利用が持続可能で、合法的で、人間の健康にと って安全であることを確保する。 

Target 6. Manage pathways for the introduction of invasive alien species, preventing, or  reducing their rate of introduction and establishment by at least 50 per cent, and control or  eradicate invasive alien species to eliminate or reduce their impacts, focusing on priority  species and priority sites. 

ターゲット 6. 侵略的外来種の侵入経路を管理することで、侵入及び定着率を少なくとも 50 パーセント削減し、また、優先度の高い種及び場所に重点的に対応して侵略的外来種を 管理もしくは根絶することでその影響を除去もしくは軽減する。 

Target 7. Reduce pollution from all sources to levels that are not harmful to and  ecosystem functions and human health, including by reducing nutrients lost to the  environment by at least half, and pesticides by at least two thirds and eliminating the  discharge of plastic waste. 

ターゲット7. 環境への養分流出を少なくとも半減、農薬の少なくとも3分の2を削減し、 またプラスチック廃棄物の流出を根絶すること等により、生物多様性と生態系の機能及び 人の健康にとって有害とならない水準まですべての汚染源からの汚染を低減する。 

Target 8. Minimize the impact of climate change on biodiversity, contribute to mitigation and  adaptation through ecosystem-based approaches, contributing at least 10 GtCO2e per year  to global mitigation efforts, and ensure that all mitigation and adaptation efforts avoid negative  impacts on biodiversity. 

ターゲット 8. 

生物多様性への気候変動の影響を最小化し、少なくとも年 100 億 tCO2e の地球規模の緩和

のための取組に貢献しながら、生態系を基盤とするアプローチにより緩和及び適応に貢献 し、また、すべての緩和及び適応のための取組が生物多様性への負の影響を防ぐことを確保 する。 

2. Meeting people’s needs through sustainable use and benefit-sharing 2. 持続可能な利用と利益配分を通じて人々のニーズを満たすこと 

Target 9. Ensure benefits, including nutrition, food security, medicines, and livelihoods for  people especially for the most vulnerable through sustainable management of wild terrestrial,  freshwater and marine species and protecting customary sustainable use by indigenous  peoples and local communities. 

ターゲット 9. 野生の陸生、淡水及び海洋生物の持続可能な管理、及び先住民及び地域社 会による慣習的な持続可能な利用の保護を通じて、人々、特に最も脆弱な人々のための栄養、 食料安全保障、薬品及び生計を含む便益を確保する。 

Target 10. Ensure all areas under agriculture, aquaculture and forestry are managed  sustainably, in particular through the conservation and sustainable use of biodiversity,  increasing the productivity and resilience of these production systems. 

ターゲット 10. 農業、養殖及び林業が営まれている全ての地域が、特に生物多様性の保全 及び持続可能な利用を通して、持続可能に管理されることを確保し、これらの生産システム の生産性及びレジリエンスを増加させる。 

Target 11. Maintain and enhance nature’s contributions to regulation of air quality, quality and  quantity of water, and protection from hazards and extreme events for all people. ターゲット 11. 大気質、水の質及び量の調整、また災害及び異常事象からすべての人々を守 ることに対する自然による貢献を維持及び強化する。 

Target 12. Increase the area of, access to, and benefits from green and blue spaces, for  human health and well-being in urban areas and other densely populated areas. ターゲット 12. 都市部及びその他人口密度の高い地域における人間の健康及び福利のた め、緑地及び親水空間の面積、アクセス、便益を増加させる。 

Target 13. Implement measures at global level and in all countries to facilitate access to  genetic resources and to ensure the fair and equitable sharing of benefits arising from the  use of genetic resources, and as relevant, of associated traditional knowledge, including  through mutually agreed terms and prior and informed consent.

ターゲット 13. 相互に合意する条件及び事前の情報に基づく同意等を通じて、遺伝資源へ のアクセスを促進し、遺伝資源、また関連のある場合には関係する伝統的知識から生じる利 益の公正かつ衡平な配分を確保するために地球規模及びすべての国々において措置を実施 する。 

3. Tools and solutions for implementation and mainstreaming 

3. 実施と主流化のためのツールと解決策 

Target 14. Fully integrate values into policies, regulations, planning, development  processes, poverty reduction strategies, accounts, and assessments of environmental  impacts at all levels of government and across all sectors of the economy, ensuring that all  activities and financial flows are aligned with biodiversity values. 

ターゲット 14. すべての行動及び資金の流れが生物多様性の価値に合致することを確保 しつつ、政策、規則、計画、開発プロセス、貧困削減戦略及び会計、さらに、政府のすべて のレベル及び経済界のすべてのセクターにわたる環境影響評価に生物多様性の価値を全面 的に統合する。 

Target 15. All businesses (public and private, large, medium and small) assess and report on  their dependencies and impacts on biodiversity, from local to global, and progressively  reduce negative impacts, by at least half and increase positive impacts, reducing related risks to businesses and moving towards the full sustainability of extraction and  

production practices, sourcing and supply chains, and use and disposal. ターゲット 15. 各地域から地球規模まで、すべてのビジネス(公的・民間、大・中・小) がそれぞれの生物多様性に対する依存状況及び影響を評価及び報告し、漸進的に負の影響 を低減して、少なくともこれを半減し正の影響を増加させ、ビジネスへの生物多様性に関連 するリスクを削減し、採取/生産活動、ソーシング/サプライチェーン、使い捨てにおける 完全な持続可能性を目指す。 

Target 16. Ensure that people are encouraged and enabled to make responsible choices and  have access to relevant information and alternatives, taking into account cultural preferences,  to reduce by at least half the waste and, where relevant the overconsumption, of food and  other materials. 

ターゲット 16. 食料及びその他の物質の廃棄や、関連する場合は過剰消費について、その 量を半減させるべく、文化的志向を勘案しつつ、人々を促し、責任ある選択を行い、関連す る情報及び別の選択肢にアクセスできるようにすることを確保する。

Target 17. Establish, strengthen capacity for, and implement measures in all countries to  prevent, manage or control potential adverse impacts of biotechnology on and  human health, reducing the risk of these impacts. 

ターゲット 17. バイオテクノロジーによる生物多様性及び人の健康に対する潜在的な悪影 響を防止、管理もしくはコントロールするための措置をすべての国において確立し、実行可 能な能力を強化し、実施し、これらの影響のリスクを低減する。 

Target 18. Redirect, repurpose, reform or eliminate incentives harmful for biodiversity, in a  just and equitable way, reducing them by at least US$ 500 billion per year, including all of the  most harmful subsidies, and ensure that incentives, including public and private economic  and regulatory incentives, are either positive or neutral for biodiversity. 

ターゲット 18. 生物多様性にとって有害な奨励措置の転用、目的の変更、改革又は撤廃を 公正・衡平に行うことで、最も有害な補助金のすべてを含め、少なくとも年 5,000 億ドル減 額し、また、公共及び民間の経済的及び規制的なものを含む奨励措置が生物多様性に対して 正もしくはニュートラルなものであることを確保する。 

Target 19. Increase financial resources from all sources to at least US$ 200 billion per year,  including new, additional and effective financial resources, increasing by at least US$ 10  billion per year international financial flows to developing countries, leveraging private finance,  and increasing domestic resource mobilization, taking into account national   finance planning, and strengthen capacity-building and technology transfer and scientific  cooperation, to meet the needs for implementation, commensurate with the ambition of the  goals and targets of the framework. 

ターゲット 19. 各国の生物多様性のための資金計画を勘案しつつ、途上国への国際的な資 金の流れを少なくとも年 100 億ドル増加させ、民間資金を活用し、国内の資源動員を増や しながら、すべての財源から、追加的かつ効果的な新規資金等を少なくとも年 2,000 億ドル まで増加させる。また、本枠組のゴール及びターゲットの野心度に見合う実施へのニーズを 満たすため、能力開発、技術移転及び科学協力を強化する。 

Target 20. Ensure that relevant knowledge, including the traditional knowledge, innovations  and practices of indigenous and local communities with their free, prior, and informed consent,  guides decision-making for the effective management of biodiversity, enabling monitoring,  and by promoting awareness, education and research. 

ターゲット 20. モニタリングを可能にし、また、啓発、教育及び研究の推進によって、先住 民及び地域社会の自由で事前の情報に基づく同意に基づいた伝統的知識、工夫、慣行を含む 関連する知識が生物多様性の効果的な管理のための意思決定に対する指針を与えることを 確保する。

Target 21. Ensure equitable and effective participation in decision-making related to  by indigenous peoples and local communities, and respect their rights over lands,  territories and resources, as well as by women and girls, and youth. 

ターゲット 21. 生物多様性に関連する意思決定への女性、女子及び青少年に加え、先住民 及び地域社会による衡平、効果的な参加を確保し、また、彼らの土地、管轄する領域及び資 源に対する権利を尊重する。 

H. Implementation support mechanisms H. 実施支援メカニズム 

13. Implementation of the framework and achievement of its goals and targets will be  supported through support mechanisms under the Convention on Biological Diversity,  including the financial mechanism, and strategies for resource mobilization, capacity-building  and development, technical and scientific cooperation and technology transfer, knowledge  management as well as through relevant mecahnisms under other conventions and  international processes.11 

13.本枠組の実施及びそのゴール/ターゲットの達成は資金メカニズム、資源動員戦略、 能力構築及び開発、科学技術協力、技術移転、ナレッジマネジメント等の条約下の支援メカ ニズムにより、また、その他の条約及び国際プロセス下の関連するメカニズムも通して支援 される。11  

I. Enabling conditions  I.実現条件 

14. The implementation of the global framework requires integrative governance  and whole-of-government approaches to ensure policy coherence and effectiveness, political  will and recognition at the highest levels of government. 

14. 本枠組の実施には政府のハイレベルでの政策の一貫性、有効性、政治的意思及び認識を 確保するための統合的ガバナンス及び政府全体のアプローチが必要とされる。 

15. It will require a participatory and inclusive whole-of-society approach that engages actors beyond national Governments, including subnational governments, cities and other local  authorities (including through the Edinburgh Declaration),12 intergovernmental organizations,  non-governmental organizations, indigenous peoples and local communities, women’s  groups, youth groups, the business and finance community, the scientific community,  academia, faith-based organizations, representatives of sectors related to or dependent on  biodiversity, citizens at large, and other stakeholders. 

15.準国家機関、都市及びその他地方自治体(エジンバラ宣言等により)、12政府間機関、 NGO、先住民及び地域社会、女性グループ、若者のグループ、ビジネス/金融コミュニテ ィ、学術界、信仰をベースにした機関、生物多様性に関連もしくは依存するセクターの代表 者、一般市民、その他のステークホルダー等の国家の枠を越えた主体に働きかける社会全体 の参加型の包括的アプローチが求められる。 

16. Efficiency and effectiveness will be enhanced for all by integration with relevant  multilateral environmental agreements and other relevant international processes, at the  global, regional and national levels, including through the strengthening or establishment of  cooperation mechanisms.  

16.関連する多国間協定及びその他の関連する国際プロセスとの統合により、世界レベル、 地域、国家レベルにおいても、協力メカニズムの強化もしくは確立等を通してあらゆる面で 効率性及び有効性を促進していく。 

17. Further, success will depend on ensuring greater gender equality and empowerment of  women and girls, reducing inequalities, greater access to education, employing rights-based  approaches, and addressing the full range of indirect drivers of loss, as identified  by the Global Assessment Report on Biodiversity and Ecosystem Services issued by the  Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services,13 

including those not directly addressed by the goals and targets of the Framework, such as  demography, conflict and epidemics, including in the context of the 2030 Agenda for  Sustainable Development. 

17.さらに、成功の鍵はさらなるジェンダー平等、女性・女子の権利向上、不平等の縮小、 教育へのアクセスのさらなる拡大、人権に基づくアプローチの実施を確保し、本枠組のゴー ル/ターゲットによって直接対処されないが持続可能な開発のための 2030 アジェンダに 含まれる人口、紛争及び伝染病等の IPBES により公表された地球規模評価報告書 13 にて特 定された生物多様性損失の間接要因すべてに取り組むことである。 

J. Responsibility and transparency  J.責任と透明性

18. The successful implementation of the framework requires responsibility and transparency,  which will be supported by effective mechanisms for planning, monitoring, reporting and  review. Countries, Parties to the Convention, have a responsibility to implement mechanisms  for planning, monitoring, reporting and review.14 These mechanisms allow for transparent  communication of progress to all, timely course correction and input in the preparation of the  next global framework, while minimizing the burden at the national and  international levels, by: 

18.本枠組の成功裏の実施には責任と透明性が必要であり、これらは計画、モニタリング、 報告、レビューのための効果的メカニズムによってサポートされる。締約国は計画、モニタ リング、報告、レビューのためのメカニズムの実施に責任を持つ。14 これらのメカニズムに よって、進捗についての透明性のある開かれたコミュニケーション、時宜を得た軌道修正、 次の世界的な生物多様性枠組の準備におけるインプットが可能になり、同時に国家及び国 際レベルでの負荷を最小化する。これらは以下のメカニズムにより可能になる。 

(a) Establishing national targets as part of national strategies and action plans and as  contributions towards the achievement of the global targets; 

(a)国家戦略及び行動計画の一部として、また、世界目標達成に向けた貢献として、国家目 標を設定する。 

(b) Reporting national targets to enable the collation of national targets in relation to the  global action targets, as needed, and their adjustment to match the global action targets; (b)グローバル行動ターゲットとの比較で国家目標の照合、また、必要に応じ、グローバル 行動ターゲットと一致させるための調整を可能にするため、国家目標を報告する。 

(c) Enabling the evaluation of national and collective actions against targets. (c)ターゲットに向けた国及び集合的な行動の評価を可能にする。 

19. These mechanisms are aligned with and, where appropriate, complimented by national  reporting under the Protocols and integrated with other processes and other relevant  multilateral conventions including the 2030 Agenda for Sustainable Development and the  Sustainable Development Goals. 

19.これらのメカニズムは、必要に応じて議定書下での国別報告によって補完しつつ、持続 可能な開発のための 2030 アジェンダ等のその他のプロセス及び関連する多国間条約と合 致し、また、統合される。 

20. The development of additional and complimentary approaches is encouraged to allow other actors to contribute to the implementation of the framework and report on commitments  and actions.  

20.その他の主体が本枠組の実施に貢献し、コミットメントと行動について報告することを 可能にするため、追加的・補完的アプローチの策定を奨励する。 

K. Outreach, awareness and uptake K.アウトリーチ、認識、理解 

21. Outreach, awareness and uptake of the post-2020 global framework by all  stakeholders is essential to effective implementation, including by: 

21. GBF を効果的に実施するためには、以下を含め、すべての利害関係者による GBF のア ウトリーチ、認識、理解が不可欠である。 

(a) Increasing understanding, awareness and appreciation of the values of biodiversity,  including the associated knowledge, values and approaches used by indigenous peoples  and local communities; 

(a) 先住民や地域社会が使用する知識、価値観、アプローチを含め、生物多様性の価値につ いての理解、認識、評価を高めること。 

(b) Raising awareness of all actors of the existence of the goals and targets of the post-2020  global framework and progress made towards their achievement; (b) GBF のゴール・ターゲットの存在とその達成に向けた進捗状況について、すべてのアク ターの意識を高めること。 

(c) Promoting or developing platforms and partnerships, including with media and civil society,  to share information on successes, lessons learned and experiences in acting for biodiversity. (c) 生物多様性のための行動における成功、教訓、経験に関する情報を共有するために、メディアや市民社会との連携を含めたプラットフォームやパートナーシップを推進・発展さ せること。