2030年までに達成すべき世界の目標:国連SDGsの取組み、自治体でも 始まる

国連SDGsの取組み、自治体でも始まる 基調講演トーマス・ガス国連事務次長
国連SDGsの取組み、自治体でも始まる 基調講演トーマス・ガス国連事務次長

国連SDGsの取組み、自治体でも 始まりました。


キャスター(NHKクローズアップ現代で有名)は、遠くから見ていても、とてもお綺麗で、知的なオーラ放ってました。

国連持続可能な開発目標 Global Agenda 2030とは?

国連のSDGs は2030年までにやり遂げなければならない人類に与えられた17の課題です。パズルの全部のピースを当てはめていくように17の目標と169のターゲットを達成していく必要があります。

国連SDGsの取組み、自治体でも始まる 基調講演トーマス・ガス国連事務次長
国連SDGsの取組み、自治体でも始まる 基調講演トーマス・ガス国連事務次長
2017年5月30日

そのためには世界の全ての人が誰一人取り残されるこなく目標に取組む必要があります。今日は国連事務次長であるトーマス・ガス氏も来日されて基調講演をされました。SDGsを知って気づき実際に行動することが、社会と世界を変えて人類を救うことなります。
滋賀県は日本中の自治体に先駆けて SDGs に取組むことをになりました。
他の自治体でも SDGs の取組が加速度的・爆発的に広がっていくことを期待したいです!

SDGsの背景 MDGsとの違い

国連SDGsの取組み、自治体でも 始まる SDGsの背景
国連SDGsの取組み、自治体でも 始まる SDGsの背景
相星 孝一 外務省大臣官房 地球規模課題審議官  2017年5月30
相星 孝一 外務省大臣官房 地球規模課題審議官 2017年5月30

関連記事