アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日

アルフォンス・ミュッシャ館 に立ち寄る
アルフォンス・ミュッシャ館 に立ち寄る

8月30日アルフォンス・ミュッシャ館を観に

アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日

アルフォンス・ミュッシャ館

アルフォンス・ミュッシャ館  に立ち寄る
アルフォンス・ミュッシャ館 に立ち寄る

アルフォンス・ミュッシャ館 に立ち寄る

』(こうどうじゅうにきゅう、Zodiac)は、アルフォンス・ミュシャが1896年に描いた絵画。

横を向いている女性が中心に描かれており、その周りには、西洋占星術における12星座が描かれている。横から見た顔を描くことによって、美しい装飾をもった髪飾りが画面の中心に配置されている。華麗な装飾と印象的な女性とを組み合わせた作風は、「ミュシャ様式」と呼ばれている

アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館 に立ち寄る
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日
アルフォンス・ミュッシャ館を観に 8月30日

アルフォンス・ミュシャとは?

アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha、1860年7月24日 – 1939年7月14日)は、チェコ出身でフランスなどで活躍したグラフィックデザイナー、イラストレーター、画家。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるもの

アルフォンス・ミュシャ館とは?

ミュシャの有力コレクションの一つは日本にある。堺市が所有し、堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館で一部が展示されている「ドイ・コレクション」である。「カメラのドイ」の創業者である土居君雄が、本業の買い付けや商談の為に渡欧する度に買い集めた。また、ミュシャ子息のジリ・ミュシャとも親交を結び、彼の仲介によってコレクションの中核が築かれた。1989年には、土居にチェコ文化交流最高勲章が授与されている。土居が1990年に他界すると遺族は相続放棄し、1993年、土居夫妻が新婚時代に居住したことのある堺市に寄贈された。

関連記事