2008年 守屋輝彦氏らと登別市議会 視察に

登別市議会 視察2008
DSC00240

登別市議会 視察

2008年5月16日 登別市議会を視察してきました。
視察に参加したのは、私のほかに、豊川市議会議員の冨田潤さん、愛川町議会議員の近藤幸子さん、神奈川県職員の守屋輝彦さん、そして私、榊原平です。

登別市議会といえば、北海道で最も人口が少ない市ですが、その分、市民と市議会の距離が近く、市民参加型の自治体として注目されています。視察では、登別市議会の仕組みや活動について、市議会事務局長や各会派の代表から説明を受けました。また、現地で開催された市議会本会議や委員会の傍聴もしました。

登別市議会 視察 2008年5月16日冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社) 歓迎 NPO法人 一新塾さま
登別市議会 視察 2008年5月16日冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社) 歓迎 NPO法人 一新塾さま
登別市議会視察 2008年5月16日冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社)

まとめ

視察を通して、登別市議会の取り組みに感銘を受けました。小さな自治体だからこそできることもあると思いますが、それでも市民と市議会の関係をより良くするためには、常に努力や工夫が必要だということを学びました。私たちもそれぞれの立場で参考にしていきたいと思います。

登別市議会 視察 2008年5月16日冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社) 歓迎 NPO法人 一新塾さま
登別市議会 視察 2008年5月16日冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社) 歓迎 NPO法人 一新塾さま

守屋 輝彦さん

守屋 輝彦(もりや てるひこ、1966年11月9日 – )は、日本の政治家。神奈川県小田原市長(1期)。元神奈川県議会議員(2期)。5月24日、小田原市長就任

類似記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です