日本ベルギー友好150周年を祝う宮中晩餐会にベルギー国王夫妻と共に出席された森耕治先生と学士会館にて

皇居宮中晩餐会にベルギー国王夫妻と共に出席された森耕治 先生

ベルギー国王フィリップ陛下が日本ベルギー外交関係150周年を記念して来日された際、10月11日に皇居で開催された宮中晩餐会にご招待された方の中に、ベルギー王立美術館の公認解説者である森耕治先生がいらっしゃいました。

森先生は、ベルギーの美術や文化について日本で幅広く啓蒙活動をされており、私は以前から尊敬している方です。そこで、私は森先生にお会いする機会を得るべく、学士会館に伺いました。

皇居宮中晩餐会にベルギー国王夫妻と共に出席された森耕治 先生の画像

森耕治先生とともに、榊原平、学士会館にて 2016年10月12日

榊原平、森耕治先生とともに、学士会館にて  2016年10月12日

そこで撮った写真がこちらです。森先生はとても優しくて気さくな方で、私は感激しました。

宮中晩餐会では、天皇陛下や皇后陛下をはじめとする皇族方や政府要人などが出席され、国王夫妻との友好関係を深められました。

天皇陛下はお言葉の中で、「日本とベルギーは長年にわたって良好な関係を築いてきました。両国の人々は文化や芸術など多様な分野で交流し、相互理解を深めてきました」と述べられました。

また、国王陛下も「日本とベルギーは多くの共通点を持っています。両国ともに自然災害に見舞われた経験がありますが、その度に互いに支え合ってきました」とお話しになりました。

森先生は、これまでにも多くの講演会や展覧会などでベルギーの美術や文化を紹介されてきました。私も何度か聴講させていただきましたが、森先生のお話はとても興味深くて感動的でした。

特に印象的だったのは、「フェルメールの無言の叫び」というテーマで行われた講演会です。

森先生はフェルメールの作品に込められたメッセージや背景を丁寧に解説され、観る者の心を揺さぶりました。

ベルギーの美術や文化に触れることで、日本とベルギーの友好関係がさらに発展することを願っています。

関連記事

類似記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です