ランス美術館展 そして名古屋納屋橋の四季桜 25日

ランス美術館展 そして名古屋堀川の四季桜 25日
ランス美術館展 そして名古屋堀川の四季桜 25日

ランス美術館展を見に名古屋市美術館へ

ランス美術館展 美術館展 ランス Arts de ドラクロワ、ゴーギャン、藤田嗣治・歴史遺産とシャンパンの街からの贈り物 SAT 110/7% 12/3 お買い求めください。 当日券は会場入口で 名古屋市美術館 名古屋市中
2017年11月25日

ランス市と名古屋市は、2017年に姉妹都市提携を結びました。縁の深い藤田嗣治などの名品をご紹介する「ランス美術館展」を開催しました。

名古屋市白川公園

ランス美術館展 そして名古屋堀川の四季桜 25日

中央に広場と噴水があり、そのまわりをケヤキ並木に囲われ季節を楽しめる公園です。
 公園内には名古屋市科学館と名古屋市美術館があり、、1年を通して多くの人々が訪れる公園です。
 また平成7年度から「白川公園・彫刻の道」が5作品により整備され、緑を楽しみながら彫刻作品を身近に楽しむことができる公園となっています。

ランス美術館

ランス美術館(Musée des Beaux-arts de Reims)は、フランスのランスにある美術館である

カフェ Sugiura Coffeeでコーヒーとデザートを

コーヒー ランス美術館展 名古屋市美術館  2017年11月25日

コーヒーとシフォンケーキとプリン

プリン シフォンケーキ
2017年11月25日

名古屋市美術館に設置されたカフェSugiura Coffeeで、コーヒーとシフォンケーキとプリンをいただきました。

名古屋納屋橋()の四季桜とゴンドラ

名古屋納屋橋()の四季桜とゴンドラが見られ、とても優雅な気持ちにさせられました。

四季桜 名古屋 堀川 の ゴンドラ  2017年11月25日
ランス美術館展 そして名古屋堀川の四季桜 25日

納屋橋

納屋橋(なやばし)は、名古屋市中心部のメインストリートである広小路通(愛知県道60号名古屋長久手線)の堀川に架かる橋である。納屋橋周辺の繁華街を含めた地域の総称として用いられる場合もある。

1610年(慶長15年)に、清洲越しに先立って行われた堀川掘削とともに架けられた「堀川七橋」の1つである[3]。橋が架けられた当時の納屋橋界隈は名古屋城下の南端にあたり、西の烏森と町を結ぶ柳街道が走っていた。名称の由来は、橋の西側に魚屋(なや)、または納屋が多くあり、そこからつけられた地名の納屋町から採られたという説と、橋の南東に尾張藩の米蔵が多くあったことからつけられたとする説の2つがある。

1886年(明治19年)に広小路通が名古屋駅前まで延伸された事と共に鉄骨製の橋に改修され、1898年(明治31年)からは名古屋市電栄町線が橋上を走るようになった。その後、1913年(大正2年)に橋が改築された際には竣工に合わせて渡り初めが行なわれ、その様子を見ようと6万人あまりが訪れたという。現在の橋は1981年(昭和56年)に架けかえられたもので、前代のものを引き継いだ、中央部にテラスを持つ青銅鋳鉄の欄干が特徴のアーチ橋となっている。橋の下に取り付けられたアーチは無くても問題はないが、前代の面影を残すために飾りとして残された[3]。アーチとともに外観上の特徴である欄干は前代の橋のものがそのまま使われており、堀川開削を行ったとされる福島正則にちなみ福島家の家紋が施されている。また、上流側のアーチには濁点を取った「なやはし」の文字が記されている。

納屋橋は1989年(平成元年)に名古屋市の都市景観重要建築物等に指定されている

関連記事