エミール・クラウスとベルギーの印象派展へ 14日

20130914 IMG 5673

エミール・クラウスとベルギーの印象派展を観に9月14日に碧南市藤井達吉美術館に行きました。2013年9月14日~10月20日の期間展示がおこなわれています。

碧南市藤井達吉美術館

碧南市に生まれ、日本の近代美術工芸における先駆者のひとりである藤井達吉の作品を常設展示するほか、近現代美術を中心に様々なジャンルの企画展を開催します。

今回の展覧会は碧南市藤井達吉現代美術館 開館5周年を記念して開催されました。

エミール・クラウス とベルギーの印象派展 碧南市藤井達吉美術館

エミール・クラウスとベルギーの印象派展

エミール・クラウスとは?

(Emile Claus、1849年9月27日 – 1924年6月14日)はベルギーの画家である。印象派のスタイルや新印象派のスタイルの画家の一人である。

エミール・クラウス とベルギーの印象派展 チケット
チケット

図録と絵葉書

記憶残すために、図録と絵葉書を買ってきました。

エミール・クラウス とベルギーの印象派展

「夏の日中」

エミール・クラウス とベルギーの印象派展

「野の少女たち」

エミール・クラウス「野の少女たち」

太田喜二郎と児島虎次郎

太田喜二郎と児島虎次郎は直接エミール・クラウスから指導を受け、日本の美術界に影響を及ぼしたそうです。

太田喜二郎《少女》1915年、京都近代美術館

2nd 太田喜二郎《少女》1915

太田喜二郎「樹陰」1911年、京都市京セラ美術館

太田喜二郎「樹陰」1911年、京都市美術館

太田 喜二郎(おおた きじろう、1883年(明治16年)12月1日 – 1951年(昭和26年)10月27日)は、京都の洋画家。東京美術学校で黒田清輝に学んだ後、ベルギーに渡り、点描技法によって眩い光をとらえる現地の印象派を学んだ