BelleⅡ実験 で切り開く素粒子物理学 名古屋大で聴講 9日

が主催する「小林・益川理論では説明できない現象を探る〜いよいよ始まるSuperKEKB/ BelleⅡ実験 〜」をを名古屋大学で聴講してきました。

日本物理学会名古屋支部公開講演会「物理学とは何だろうか」
小林益川理論では説明できない現象を探る いよいよ始まるSuperKEKB/Belle 11 実験

踏のルミノシティを開拓する SuperKEKB加速器 」 赤并和憲(高エネルギー加速器研究機構教授・研究主幹》 】 2008年にノーベル賞を受賞した 小林・益川理論 を検証した

BelleⅡ実験 世界最高のルミノシティ(衝突性能を誇ったKEKB加

の性能をさらに飛躍的に高める改造を行い、小林・益川理

物理の探索を目指す SuperKEKB として生まれ変わりました。

加速器として未踏の領域を開拓する SuperKEKBの鍵となるテク

ついてご紹介します。 プロフィール]1985年東京大学大学院博士課程修了、高エネルギー物理学研究所助手。 ール大学研究員を経て、1998年高エネルギー速器研究機構助教授、2005年同教授 加速器第三研究系研究主幹。「類伝導クラブ空洞の開発とをKBファクトリーへの応用」

戸周治賞受賞(2011)。

BelleⅡ実験 で切り拓く素粒子物理学のフロンティア」 鳴徹(名古屋大学教授現象解析研究センター長)

日】 Belle II 実験はSuperKEKB加速器がもたらす大量の電子・ 突反応から、従来の理論では説明ができないような素粒子 つけ出して、新しい物理世界への扉を開くとともに、 消えた反 黒物質の正体などの宇宙の謎の解明にも迫ろうとする国際 です。このBelle t" 実験が目指す物理研究と、最新技術を された実験装置について紹介します。

イール】 1964年生まれ3994年京都大学大学 1994年高エネルギー物理学研究所(現で、 大学餘理学研次科妝技 教授を経て.

赤井和憲 KEK教授

KEK加速器研究施設の赤井和憲教授が「未踏のルミノシティを開拓する SuperKEKB加速器 」

飯島徹 KEK教授 で切り開く素粒子物理学

IMG 20171209 143442

名古屋大学 飯島徹 教授

日本物理学会名古屋支部 公開調演会「 物理学とは何だろうかシリー
名古屋大学 飯島徹 教授  BelleⅡ実験 で切り開く素粒子物理学
「小林、益川理論では説明でさない見象を探る いよいよ、始まるSuper KEKB/Belle Ⅱ実験

BelleⅡ実験で切り拓く素粒子 物理学のフロンティア
日本物理学会名古屋支部が主催する「小林・益川理論では説明できない現象を探る〜いよいよ始まるSuperKEKB/ BelleⅡ実験 〜」を名古屋大学で聴講してきました。

関連記事