徳川家ゆかり建中寺 施餓鬼会へ 7月23日

榊原平 建中寺 施餓鬼会 2016年7月23日
榊原平 お施餓鬼法要 建中寺 2016年7月23日

平成28年建中寺 施餓鬼会へ

名古屋市東区にある の菩提寺の (浄土宗)での、平成28年7月23日に行われた「施餓鬼会」に行ってきました。
」の浅井大美子先生のお箏、そして田中ふみえさんの語りを聞かせていただきました。

榊原平 建中寺 施餓鬼会 2016年7月23日
榊原平 施餓鬼会 2016年7月23日

徳川家康・徳川宗春の生きざま講師 東海学園大学教授 安田文吉

講師 東海学園大学教授  安田文吉

お琴 浅井大美子先生、語り 田中ふみえ先生

お琴 浅井大美子先生、語り 田中ふみえ先生

お施餓鬼法要とは?

とは、餓鬼道で苦しむ衆生に食事を施して供養することで、またそのような法会を指す。特定の先祖への供養ではなく、広く一切の諸精霊に対して修される。 施餓鬼は特定の月日に行う行事ではなく、僧院では毎日修されることもある。

施餓鬼会とは?

施餓鬼会とは、如来の大悲によって、修道の障害をする餓鬼に飲食を施す法会である。いつの時代からか、盂蘭盆会の前後にこれを行ない、その善根功徳によって三界万霊有縁無縁の亡霊の得脱さらには、志す精霊の追善に資する法会となった。施餓鬼の特別な陀羅尼をあげて先祖代々の廻向をし、説教、塔婆廻向などが行われる。

徳興山 建中寺とは?

(けんちゅうじ)は、愛知県名古屋市東区筒井にある浄土宗の寺院。山号は「徳興山」。本尊は阿弥陀如来。江戸時代を通じて代々の尾張藩主の廟が置かれていた。建中寺 … 慶安4年(1651)尾張二代藩主光友が、父義直の菩提のために創建し、以後、尾張徳川家の菩提となった浄土宗の寺。本堂裏には、県文化財指定の権現造りの霊廟があり