ニュイ・ブランシュKYOTO 2023 へスタッフ参加

ニュイ・ブランシュKYOTO 2023

ニュイ・ブランシェ2023は、京都市内各所で日仏アーティストによるビジュアルアートやパフォーマンス、展覧会など、バラエティ豊かなプログラムをお届けする現代アートの祭典です。今年のテーマは「パワー(PUISSANCES)」で、気候変動、地政学的な対立、ジェンダー問題等、あらゆる場面に生じるパワーを表現する作品が展示されます. また、今年は初の公募も実施され、審査を経て選ばれた日仏のアーティストによる6つの作品もお楽しみいただけます。

私はスタッフに参加しました。

「女性、命、自由」

マフサ・アミーニの事件について

2022年9月13日、イランの首都テヘランで、ヒジャブの着用方法が不適切だったことを理由に、道徳警察に拘束されたイラン国籍のクルド人女性、マフサ・アミニさんが、3日後の16日に死亡するという事件が起きました。彼女の死はイラン各地での大規模な抗議デモとその弾圧に発展しました。

この抗議活動について、作成されたポスター作品が展示されました。

この展覧会は、女性の権利を求める運動に対する支持を表明すると同時に、人権問題に対する意識を高めることができる素晴らしい機会です。ポスター作品は、女性の自由や平等を訴えるメッセージが込められており、そのデザインや色彩も美しく、見る人々に強い印象を与えます。また、多数のアーティストが制作した作品が展示されており、その多様性も魅力的です。

私はこの展覧会が、社会的な問題に対する意識を高めると同時に、芸術的な価値も高いものであると考えます。女性の権利や平等に関心がある方々はもちろん、芸術に興味がある方々にもおすすめできる展覧会です。

フィリップ・セトン駐日フランス大使と

  • 関西日仏学館で鑑賞する門川京都市長

関連記事

類似記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です