21世紀の戦略的コミュニケーションについてのNATO StratCom COE ヤーニス・サールツ氏による洞察

はじめに:NATO戦略的コミュニケーションセンター・オブ・エクセレンスNATO StratCom COE(ラトビア・リガ)所長ヤーニス・サールツJānis Sārts氏 東京大学公共政策大学院で、ヤーニス・サールツ Jā… 続きを読む 21世紀の戦略的コミュニケーションについてのNATO StratCom COE ヤーニス・サールツ氏による洞察

HDP NEXUS:人道支援、開発支援、平和構築の3つの連携は持続可能な未来への架け橋

HDP NEXUSのアプローチは、人道支援、開発支援、平和構築(Humatarian, Development & Peace)の三つの分野が相互につながり、連携(NEXUS)することです。国連開発計画(UNDP)が積極的に取り組んでいる分野です。2024年4月4日に「危機予防と平和構築」シンポジウムが開催されました。

メラニー・ジョリー外相と女性・平和・安全保障(WPS)―カナダのフェミニスト外交と日本との協力―

G7外相会合のために来日中のカナダのメラニー・ジョリー外相は、2023年11月7日、日本の上川陽子外務大臣との会談で、女性・平和・安全保障(WPS)について議論しました。 ジョリー外相は、この会談の直前にWPSに関するイ… 続きを読む メラニー・ジョリー外相と女性・平和・安全保障(WPS)―カナダのフェミニスト外交と日本との協力―

ズワルテンダイクと杉原千畝が救ったユダヤ人:2千345枚のキュラソービザと命のビザの歴史と意義

第二次世界大戦中、オランダの外交官ヤン・ズワルテンダイクと日本の外交官杉原千畝は、ユダヤ人難民を救うために特別な文書を発給しました。ズワルテンダイクは約2,140人のユダヤ人にオランダ領西インドへの入国許可書(キュラソービザ)を発行し、杉原千畝は「命のビザ」と呼ばれる通過査証を提供しました。これにより、約2,345人のユダヤ人がナチスの迫害から逃れることができました。

安保理非常任理事国選挙キャンペーン2016 スウェーデン大使館より当選便り

スウェーデン大使館安保理非常任理事国選挙キャンペーン 当選の便りが大使館より届く 当選連絡が大使館より届きました。 スウェーデン大使館から安保理非常任理事国キャンペーンの ストラップと ボールペンが届きました。 関連記事