フランスの風景 樹をめぐる物語:金華山登った後の3時デザート

フランスの風景 樹をめぐる物語

岐阜・金華山登ってエネルギー消耗した後のおやつに ”樹をめぐる物語”をテーマにしたスイーツ 岐阜県美術館 のカフェです。

フランスの風景 樹をめぐる物語展で美味しいスイーツを楽しもう こんにちは、みなさん。今日は岐阜県美術館で開催中の「フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-」展に行ってきました。

この展覧会は、フランス近代絵画の中で樹木がどのように描かれてきたかを紹介するもので、ロマン派からフォーヴまで約110点の作品が展示されています。

樹木は絵画の主題としてだけでなく、光や色彩、形態など絵画的要素としても重要な役割を果たしています。私は特に印象派の画家たちが描いた樹木に惹かれました。彼らは日常の風景をとらえることを目指し、樹木を介して光と影を追求しました。

その結果、様々な季節や時間帯、気象条件によって変化する樹木の姿が生き生きと描かれています。例えば、モネは自宅近くのポプラ並木を何度も描きましたが、その都度違った色や雰囲気が表現されています。また、ピサロは息子たちも含めて「4人のピサロ」として展示されていますが、それぞれが異なる視点や技法で樹木を描いています。父親のカミーユは印象派の中心人物として樹木を明るく色鮮やかに描きましたが、長男のリュシアンはポスト印象派として色彩分割や点描法を用いました。

三男のフェリックスは印象派からナビ派へと移行し、四男のリュドヴィック=ロドは写実的なタッチで樹木を描きました。 この展覧会は全国巡回で、東京展からスタートしました。この後に札幌、岐阜、山梨と巡回します。岐阜県美術館では2023年4月1日から7月2日まで開催されています。

岐阜・金華山登ってエネルギー消耗した後のおやつに ”樹をめぐる物語”をテーマにしたスイーツ 岐阜県美術館 のカフェです。

さて、この展覧会を見た後におすすめなのが、岐阜県美術館内にあるカフェです。ここでは、「フランスの風景 樹をめぐる物語」展に合わせて、「樹」をテーマにしたスイーツが提供されています。私はその中から、「樹の実のタルト」を注文しました。どちらも見た目も味も素敵でした。

樹の実のタルト

「樹の実のタルト」は、サクサクとしたタルト生地にカスタードクリームとフルーツが乗ったタルトです。その上には、木の実を模したチョコレートやナッツが散りばめられています。これらは様々な種類や形や色があり、見ているだけで楽しいです。カスタードクリームはなめらかで甘くておいしく、フルーツは酸味やジューシーさがあります。チョコレートやナッツは香ばしくてコクがあります。このタルトは、樹木が育む様々な実りを味わうことができるスイーツです。

カフェでスイーツを食べながら、自然の美しさを感じることができました。

まとめ

「フランスの風景 樹をめぐる物語」展は、フランス近代絵画の中で樹木がどのように描かれてきたかを紹介する展覧会です。樹木は絵画の主題としてだけでなく、光や色彩、形態など絵画的要素としても重要な役割を果たしています。この展覧会では、ロマン派からフォーヴまで約110点の作品が展示されています。私は特に印象派の画家たちが描いた樹木に惹かれました。彼らは日常の風景をとらえることを目指し、樹木を介して光と影を追求しました。その結果、様々な季節や時間帯、気象条件によって変化する樹木の姿が生き生きと描かれています。

類似記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です