マルテニツァ 2024 – ブルガリアの春祭りを渋谷、宮下公園で楽しむ

ブルガリア民族衣装を着た女性とマルテニツァを身に着けた榊原平

ブルガリアの春祭り「マルテニツァ 2024」は、渋谷区立宮下公園で開催され、ブルガリアの伝統的な春のお祭り「ババ・マルタ」と、健康と幸運を願うお守り「マルテニツァ」が紹介されました。このイベントでは、赤と白の糸で作られた小さなアクセサリー「マルテニツァ」が贈られました。贈られた人々は春の訪れまでこれを身につけ続けます。

渋谷駅で見上げるべき岡本太郎の「明日の神話」 30メートル壁画が語る核兵器への警鐘

岡本太郎の巨大壁画「明日の神話」は、メキシコシティ郊外で発見された幻の作品です。この壁画は、原爆が炸裂する悲劇の瞬間を描いていますが、単なる被害者の絵ではありません。岡本太郎は、人々が残酷な惨劇を乗り越え、その先に「明日の神話」が生まれるという強いメッセージを込めています 。この壁画は、第五福竜丸事件として知られる出来事をモチーフにしています。1954年、米国の水爆実験により日本のマグロ漁船が被爆した事件です。壁画には、原爆の爆発瞬間が描かれ、中心には骸骨と炎が燃えています。虫や魚、動物が逃げ出す様子も描かれ、外側にはキノコ雲が広がっています。この作品は、核兵器やテロなどの脅威に対する警鐘として、現代社会に重要なメッセージを伝えています。

マルテニツァ:3月1日から始まるブルガリアの春の祭りで贈る赤白の糸飾り

はじめに:マルテニツァのブルガリアの春の祭り ババ・マルタは、春の到来を祝う風習です マルテニツァは、ブルガリアの伝統であり、他の国々では別の名前や形式で行われています。例えば、ルーマニアではマーチショルと呼ばれます。 … 続きを読む マルテニツァ:3月1日から始まるブルガリアの春の祭りで贈る赤白の糸飾り

締切り間近な急な用事で26日都内を駆け巡る

杉並区役所の銅像

間近な急な用事都内を駆け巡り 締切り間近な急な用事で26日、都内を駆け巡りました。 板橋区役所レストラン 杉並区役所 参考文献・リンク 類似記事

レセプション 3月4日

関連記事 ジャレット・ダイヤモンド教授 ブループラネット賞2019 プラスチックごみ問題 に関するシンポジウム参加 G20サミット前 SDGsの達成に向けたFAOの貢献と日本の役割 12日 2019思想の夕べ 現在と向き… 続きを読む レセプション 3月4日

SR15発表1.5℃=LIFE 気候変動は深刻!

1.5℃=LIFE ??気候変動は深刻!SR15発表 榊原平

10月8日にIPCCの 1.5℃特別報告書(SR15 )の発表があります。発表にあわせて政策立案者と産業界に対して、二酸化炭素排出ゼロを実現し、パリ協定の+1.5℃未満目標の完全履行を訴えるために 国連大学前 に集まり「1.5℃=LIFE」 命 ライトアップアクションを行いました。

国連大学前のフラワーソフトスタンドで花束ソフトクリームを2つ食べてみた

国連大学の前、表参道のフラワーソフトスタンド"FLOWER SOFT STAND"

国連大学に ヘレンクラーク 第37代ニュージーランド首相の対談を聴講のために渋谷に来たところ、表参道にフラワーソフトスタンドが。 国連大学のど真ん前でフラワーソフトを食べる。国連大学の前までもってきたら少し溶けたかも。今から「Sustainable Development Is It Possible?」を聞く。

ソーシャルイノベーション・ダイアローグ2018

ソーシャルイノベーション・ダイアローグ 2月14日

スウェーデン大使館主催のソーシャルイノベーション・ダイアローグ Social Innovation Dialogue に参加してきました。 「Social Innovation Dialogue ソーシャルイノベーション… 続きを読む ソーシャルイノベーション・ダイアローグ2018

11月4日”パリ協定発効”を祝い国連大学前に並ぶ

パリ協定発効を祝い行動 ACT FOR 1.5℃ パリ協定とは、気候変動に対する国際的な取り組みの基盤となる重要な協定です。 この協定は、2015年12月にフランスのパリで開催された国連気候変動枠組条約第21回締約国会議… 続きを読む 11月4日”パリ協定発効”を祝い国連大学前に並ぶ

シャヴァンヌ水辺のアルカディア展の渋谷へ 3日

シャヴァンヌ水辺のアルカディア展の渋谷へ 3日

シャヴァンヌ展水辺のアルカディア 来れました!1月3日に渋谷 Bunkamura の シャヴァンヌ展に。 渋谷 Bunkamura L’Arcadio on bord de l’eau le mo… 続きを読む シャヴァンヌ水辺のアルカディア展の渋谷へ 3日