『世界の終わりを先延ばしするためのアイディア』読書カフェ

『世界の終わりを先延ばしするためのアイディア』は、ブラジルの先住民の人権活動家であり環境保護活動家でもあるアイウトン・クレナッキ氏による著書です。本書は、南米における大規模な資源開発や森林破壊の現場から、先進諸国主導の環境運動への異議を唱えるクレナッキ氏による怒りの告発を綴っています。

鬼崎のり:伊勢湾と木曽三川が織りなす海苔の世界 – 鬼崎漁港の恵みとともに気候変動の取り組みを考える 11月25日

はじめに:鬼崎のり 2023年11月25日に愛知県常滑市鬼崎漁港に行って、「実践セミナー食べ物が変わる?! 気候変動と私たちの暮らし」というイベントに参加しました。 鬼崎漁港からみる夕日 鬼崎のりとは 鬼崎のりとは、愛知… 続きを読む 鬼崎のり:伊勢湾と木曽三川が織りなす海苔の世界 – 鬼崎漁港の恵みとともに気候変動の取り組みを考える 11月25日

レイチェル・カーソンの3つの名言で学ぶ自然との繋がりの大切さ

レイチェル・カーソンの3つの名言で学ぶ自然との繋がりの大切さ 海洋生物学者、作家、環境活動家であるレイチェル・カーソンは、自然と人間の関係について深く考え、多くの著作や発言を残しました。 彼女は自然への敬意と感謝を持ち、… 続きを読む レイチェル・カーソンの3つの名言で学ぶ自然との繋がりの大切さ

ジャレット・ダイヤモンド教授 2019年ブループラネット賞講演

ブループラネット賞受賞者 ジャレット・ダイヤモンド教授 講演 ジャレット・ダイヤモンド教授の2019年ブループラネット賞受賞講演を東京大学の本郷キャンパスの安田講堂で聴講させていただきました。 【2019年ブループラネッ… 続きを読む ジャレット・ダイヤモンド教授 2019年ブループラネット賞講演

思想の夕べ2019 多国間主義の未来とは?

「気候変動とか、海洋プラスチックごみ問題とか、環境等のグローバルな問題を通じて、多国間主義の方に、中国も アメリカも 含めて、戻ってこざるを得ない状況になってくるんじゃないかなと。」 城内実 環境副大臣の発言。昨夜の 2019思想の夕べ LaNuitDesIdees2019 「現在と向き合う:多国間主義の未来とは?」

石田芳弘氏 篠島で環境と教育問題を熱く語る 2月

元犬山市長 石田芳弘氏 2009年2月7日、三河湾の 篠島での石田芳弘氏講演 「環境・教育問題を熱く語る」 に出席しました。環境 教育問題を熱く語りました。 リンク 石田芳弘 – Wikipedia 関連記事… 続きを読む 石田芳弘氏 篠島で環境と教育問題を熱く語る 2月