鬼崎のり:伊勢湾と木曽三川が織りなす海苔の世界 – 鬼崎漁港の恵みとともに気候変動の取り組みを考える 11月25日

はじめに:鬼崎のり

2023年11月25日に愛知県常滑市鬼崎漁港に行って、「実践セミナー食べ物が変わる?! 気候変動と私たちの暮らし」というイベントに参加しました。

鬼崎漁港からみる夕日

鬼崎漁港から眺める日の入りの画像

鬼崎のりとは

鬼崎のりとは、愛知県の知多半島にある鬼崎という地域で生産される海苔のことです。鬼崎の海苔は、伊勢湾と木曽三川の出会う場所にある鬼崎の海域で育ちます。

伊勢湾は日本で最も豊かな漁場のひとつであり、木曽三川は日本で最も長い川のひとつであり、その流れが海に注ぐことで、海苔に必要な栄養分を豊富に供給します。

このように、伊勢湾と木曽三川の出会いが鬼崎のりの生産にとって重要な役割を果たしています。

鬼崎のりの歴史

鬼崎のりの歴史は古く、江戸時代から続いています。鬼崎の海苔は、当時の将軍や大名に献上されるほどの高級品でした。

鬼崎のりは、その旨味と香りと歯切れが特徴であり、海の宝石とも呼ばれています。鬼崎のりは、伝統的な製法を守りながら、技術の進歩にも対応してきました。

現在では、鬼崎のりは国内だけでなく、海外にも輸出されています。鬼崎のりは、知多半島の誇りとして、多くの人々に愛されています。

鬼崎のりの食べ方

鬼崎のりは、どんな料理にも合う万能な食材です。鬼崎のりは、おにぎりや寿司やお茶漬けなどの和食にはもちろん、パスタやサラダやスープなどの洋食にも使えます。

鬼崎のりは、そのまま食べても美味しいですが、焼いて香ばしくしたり、醤油や酢や砂糖などで味付けしたりすると、さらに美味しくなります。

鬼崎のりは、私の大好物です。いつも食べたい美味しい海苔です。

杉山範子東海学園大学 教育学部教授

杉山範子先生は、東海学園大学教育学部教授であり、環境政策や地域気候政策などを専門としています。

榊原平

杉山範子東海学園大学 教育学部教授が握ったおにぎり

鬼崎のりを巻いたおにぎりの画像

杉山範子先生は、鬼崎漁港で、気候変動についての講演を行い、会場を盛り上げました。

その後、参加者たちは、鬼崎海苔を使って、おにぎりを握り、みんなで食べることになりました。

私は、杉山範子先生のファンで、彼女が握ったおにぎりを目当てに、それをマークし、ゲットしました。おにぎりを口に運ぶと、鬼崎海苔の香りと味わいが口の中に広がり、美味しさに感動しました。杉山範子先生のおにぎりは、彼女の人柄や思いが込められているようで、食べるたびに幸せな気持ちになりました。

しかし、同時に、気候変動が進めば、こうした海苔や鮎や葡萄などの日本の食文化が失われる可能性があることを知りました。

気候変動は、海水温の上昇や海水面の上昇、降水量の変化や水質の悪化など、海苔の生育に影響を与える要因を増やしています。

また、気候変動は、陸上の生態系や農業にも悪影響を及ぼしています。私たちは、気候変動に対してどう対策をとるべきなのでしょうか。

私は、鬼崎のりをはじめとする日本の食文化を守るためにも、気候変動に関心を持ち、行動を起こすことが必要だと思いました。

まとめ

愛知県常滑市鬼崎漁港で開催された「実践セミナー食べ物が変わる?! 気候変動と私たちの暮らし」というイベントに参加した私の体験を紹介しました。

鬼崎のりという伊勢湾と木曽三川の出会う場所で生産される海苔の歴史や特徴、食べ方などを学んだ私は、気候変動が進めば、こうした海苔やあゆやぶどうなどの日本の食文化が失われる可能性があることを知り、気候変動に対して関心を持ち、行動を起こすことが必要だと思いました。

この記事は、気候変動と食文化の関係について考えるきっかけを与えるものです。

類似する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です