登別市議会 視察2008

DSC00240

登別市議会 視察 2008-05-16 登別市議会 視察 冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社) 議会基本条例 視察リポート 北海道 栗山町 200… 続きを読む 登別市議会 視察2008

議会基本条例 北海道 栗山町 2008年5月視察リポート

山本修司・栗山町町議とともに(2008-05-15)|desc=左から冨田潤(豊川市議会議員)、近藤幸子(相川町議会議員)、守屋輝彦(神奈川県職員)、山本修司(栗山町議会議員)、榊原平、佐飛宏尚(伊勢新聞社)

栗山町は人口1万4千人の農業の町。 栗山町は平成18年5月に 議会基本条例 を制定した。それからちょうどまる2年現在,全国から視察者が殺到している。 栗山町は議会基本条例を制定することで住民の意識がどう変わったのか,また地元の安城市でかかわっている自治基本条例策定のヒントを何か得たい。