国連2021年優先事項をグテーレス事務総長が語る

国連2021年優先事項 をアントニオ・グテーレス事務総長が語りました。

国連2021年優先事項をグテーレス事務総長が語る
COVID-19パンデミックは すべての国とすべての経済で大混乱を引き起こしました。私たちは200万人の命を失いました。人的被害は増え続けています。極度の貧困は
世代に見られないレベルに戻っています。
不平等は拡大しています。
再び飢餓が増えています。
そして 世界的な脆弱性は曝され続けています。
私たちは自然との戦争を宣言しました。そして自然は反撃しています。気候危機は激しさを増しています。生物多様性は崩壊しつつあります。
一方 地政学的な緊張は 平和のための私たちの集団的努力を弱体化させています。
核および化学物質の増殖のリスクが高まります。
サイバースペースでの無法な行動は 犯罪 暴力 誤った情報 混乱を広めるための新しい領域を生み出しました2020年は私たちに悲劇と危険をもたらしました。
2021年はギアを変えて世界を軌道に乗せる年でなければなりません。
私たちは死から健康へ、災害から復興へ、絶望から希望へ、いつものビジネスから変革へ、と移行する必要があります。
持続可能な開発目標 SDGs は今まで以上に重要になっています。今こそ 人々 経済 社会 そして私たちの地球の幸福を確保する時です。
可能です。
だから私たちはそれを実現させなければなりません。

外部リンク

2019思想の夕べ 現在と向き合う 多国間主義の未来とは?

2019思想の夕べ 現在と向き合う 多国間主義の未来とは?

1月31日に2019思想の夕べ LaNuitDesIdees2019 「現在と向き合う:多国間主義の未来とは?」を聴講してきました。

「気候変動とか、海洋プラスチックごみ問題とか、環境等のグローバルな問題を通じて、多国間主義の方に、中国も アメリカも 含めて、戻ってこざるを得ない状況になってくるんじゃないかなと。」 城内実 環境副大臣 昨夜の 2019思想の夕べ LaNuitDesIdees2019 「現在と向き合う:多国間主義の未来とは?」

2019思想の夕べ  現在と向き合う 多国間主義の未来とは?
現在と向き合う 多国間主義の未来とは?
ローラン・ピック 駐日フランス大使挨拶
ローラン・ピック 駐日フランス大使挨拶
ローラン・ピック 駐日フランス大使挨拶
ローラン・ピック 駐日フランス大使挨拶

1.5℃=LIFE 💗🌏気候変動は深刻!SR15発表

1.5℃=LIFE 💗🌏気候変動は深刻!SR15発表 榊原平

1.5℃=LIFE (命) 気温上昇は+1.5℃に抑える!

来週の月曜10月8日に、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)の 1.5℃特別報告書(SR15 )の発表があります。

すでにマスコミ等にリークされていますが、現在の地球の気候変動は大変深刻なもの。2̶0̶4̶0̶ 𝟮𝟬𝟯𝟬年には気温上昇は パリ協定 での制限値1.5℃を超えることが予想され、その後も気温上昇の歯止めが効かず、風水害等の被害は甚大となり人類と生物の存亡に関わる取り返しのつかない事態になります。

1.5℃=LIFE 💗🌏気候変動は深刻!SR15発表
1.5℃=LIFE  1.5℃=LIFE 命 日本の政策立案者と産業界にパリ協定の+1.5℃未満目標の完全履行を訴えるために 国連大学前 に集まりました。榊原平

パリ協定の産業革命以降の気温上昇を+1.5℃未満に抑えることは必須です。一刻も早く化石燃料の使用ゼロにし、再生可能エネルギー(RE)に切り替え、二酸化炭素の排出を止める必要があります。

1.5℃=LIFE 命 日本の政策立案者と産業界にパリ協定の+1.5℃未満目標の完全履行を訴えるために 国連大学前 に集まりました。

1.5℃=LIFE  1.5℃=LIFE 命 日本の政策立案者と産業界にパリ協定の+1.5℃未満目標の完全履行を訴えるために 国連大学前 に集まりました。榊原平
1.5℃=LIFE 日本の政策立案者と産業界にパリ協定の+1.5℃未満目標の完全履行を訴えるために 国連大学前 に集まりました。榊原平
1.5℃=LIFE 榊原平
1.5℃=LIFE 榊原平

参考文献